タグ:ミヤマモンキチョウ ( 4 ) タグの人気記事

【昨年夏分の蔵出】2016年7月〜8月 北アルプス編

2016年夏の北アルプス三行は2回。
1回目は7月23日に山麓泊で24日〜26日で入山だった。
23日に山麓で観光していた時にアサマイチモンジに出会った。じっくりアサマイチモンジを見るのは初めてだった。近縁種のイチモンジチョウとそっくりなものを想像していたが、印象はだいぶ違った。

アサマイチモンジ
d0176157_22281685.jpg
d0176157_22282166.jpg

24日は入山。いつものことながら自分は登りは余裕がない。曇りがちということ、あまり眺望のないコースであること、蝶をほとんど見かけなかった、などもあり全く写真も撮っていなかった。この日は山小屋泊。
25日は自分の山行経験では見たこともないような東の空が朝焼け。ご来光を背にすると槍ヶ岳は見事に赤く染まっていた。
d0176157_22283954.jpg
この日は移動距離も短いということでややゆっくり目の出発。空は高曇りだが穂高岳連峰の眺めはよかった。
d0176157_22284548.jpg
途中何箇所かでミヤマモンキチョウを見かけたがなかなか写真を取れるところに止まってくれない。下は数少ないチャンスでようやく取れた1枚だ。

ミヤマモンキチョウ
d0176157_22285615.jpg

ミヤマモンキチョウの姿が見え隠れする登山道を歩いていると、ライチョウが姿を現した。

ライチョウ
d0176157_22290482.jpg

昼前にはこの日の行程は終了の予定。そこでタカネヒカゲに出会った。この付近は過去にも度々タカネヒカゲの写真を撮った経験がある。ただ翅はすっかりすれており、ライチョウのような模様はほとんど剥げ落ちており、翅の一番下にわずかにその痕跡が残る程度になっていた。2016年は花も早い時期に終わっており、クモマスミレも少なかったし、ミヤマダイコンソウなどもあまり見られなかったが、蝶もこうして例年より早く発生したようだった。

タカネヒカゲ
d0176157_22291476.jpg

26日は朝から雨。午後には雨が強くなる予報もあり、早朝より出発。休憩を最小限にして先を急いだ。おかげで写真は全く撮れなかったが、強雨に悩まされることもなく無事に下山することができた。

-----------------------------------------------------
2回目の山行は8月11日に山麓泊、8月12日〜14日のスケジュールで入山した。
8月12日長い沢沿いの長い林道歩きののち登山道に取り付くと、間も無くシジミチョウが近くの花の付近を飛び回っていた。残念ながら種を特定できていない。翅裏の写真が撮れていないが、ヒメシジミのような裏だったような記憶がある。

何シジミ?
d0176157_22560290.jpg
この日は稜線直下の山小屋で宿泊。
深夜起き出して星空を眺めた。ペルセウス座流星群の流れ星もいくつか見ることができた。
d0176157_22292554.jpg
翌13日は気温も高くやや霞もかかってはいたが良い天気だった。
d0176157_22293136.jpg
d0176157_22293793.jpg
暑さもあり当初計画のペースが守れず、翌日の移動距離も考慮して計画を短縮することとした。計画より一つ手前の山小屋で宿泊した。
翌14日は入山した場所に一気に戻る。天気は良好。
d0176157_22295453.jpg
帰り際には時折ベニヒカゲの姿が見られたが、もう翅が傷んだものばかり、やはり例年より発生が早かったのだろうか。

ベニヒカゲ
d0176157_22294232.jpg
d0176157_22294853.jpg
以上が2016年の7月8月の北アルプスである。蝶は期待通りとは行かなかったが、2回とも壮大な景観を楽しめた山行だった。

by emu_nijuuhachi | 2017-06-10 23:10 | 山行 | Trackback | Comments(0)

常念山脈山行1日目・山娘と仙人に会いに行くの巻~ミヤマモンキチョウ・タカネヒカゲ

山の天気予報を睨みながら東京を出発するのを決めたのが昨日の18時30分、23時前に山麓の穂高駅到着。
本日21日早朝タクシーで出発6時過ぎに一ノ沢常念岳登山口から入山しました。
4年連続の常念への登山です。過去2年は天気に恵まれず突風と大雨にたたられていたので、今回は天気を慎重に見極めての出発でした。3年前はミヤマモンキチョウに会うのも目的のひとつでその目的は果たせたわけですが、8月だったため擦れたりボロになっているものがおおかったので、今回はもう少し新しい個体を見たいという思いがありました。今回はそれ以上に、まだ見ぬタカネヒカゲに会いたい。2年前から思っていましたが好天が期待できる今回はチャンスです。

しばらくは、沢の音を聞きながら樹林帯を歩き、やがて沢沿いに出ます。しばらく樹林帯や沢沿いの道を繰り返し、標高2000mほどに達するころに樹林帯を抜けここからは、最後の急登の直前までは明るい沢沿いの道です。ここからはお花畑も広がり蝶を多く見かける場所になります。天気はやや雲が多いのですが時折晴れ間が見えるといった感じです。
しかし、蝶が少ないようです。横目にヤマガラシをみながら小さい坂を登るとすれ違うようにオレンジの影が。。。えっ!クモツキ!あわてて引き返し、ザックを放り投げてカメラを取り出し、あたりをきょろきょろ、近くの草原を飛び立って、近くのヤマガラシに止まりました。あわてて高速連写でパチパチと。。。いやな予感がしました。
写真を確認したら、森の中の夕方に撮影するような設定、蝶は完全に白飛びしていました。ああぁぁもったいない。クモマツマキチョウはその後、しばらくは近くを飛ぶものの遠くへ飛び去ってしまいました。
まさか一ノ沢でクモツキに、しかもこの時期に会えるとは思っていませんでした。
恥ずかしいのですが、白飛びした写真、現像ソフトで暗くして(小さく)掲載します。白飛びしてなければオレンジ色が見られるはずだったのですが。。。。
d0176157_1145919.jpg

近くでヤマトスジグロシロチョウ(?)とモンシロチョウがヤマガラシの花の周りを飛び回るのを撮影。
d0176157_115950.jpgd0176157_1151595.jpg

撮影していると、自分の周りを黒い蝶がまとわりついてきます。近くにおいていたザックの肩ベルトにとまった蝶を見てやっと気づきました。クモマベニヒカゲです。今年は少し数が少ないかな。今回はこの1頭だけの出会いでした。
d0176157_1152378.jpg

しばらく同じ場所で、クモツキがまた姿をあらわすのではないかと期待してうろうろしていたのですが、雲がまた増えてきたので昼過ぎに稜線に出られるように出発することにしました。胸突八丁とよばれる急坂を通り過ぎ、最後の水場で沢から分かれると、稜線へ向けて1kmほどの最後の急登です。荷物が重く肩にのしかかります。やっとの思いで稜線に出ると、空は青空、時々雲はかかりますがよい天気です。常念小屋で宿泊の手続きを済ませ、荷物を置いてカメラだけを持って外に出ました。
周りをよく見ると時折蝶が舞うのが見えます。広い稜線を歩き回り、出会えました。一番の目的だったハイマツ仙人ことタカネヒカゲです。
翅をたたむと、前翅の黄褐色が隠れ、花崗岩の模様に溶け込んでしまうかのようです。
d0176157_1153172.jpgd0176157_1153927.jpg

周辺では、山の娘、ミヤマモンキチョウも飛んでいます。なぜか、メスは確認できなかったのですが。。。
ミヤマアキノキリンソウで吸密するミヤマモンキチョウ。ミヤマコゴメグサの花から花へ飛び移り吸密するミヤマモンキチョウ。当然このミヤマモンキチョウは北アルプス亜種です。
d0176157_1155617.jpgd0176157_116486.jpgd0176157_1161354.jpgd0176157_1162269.jpg


せっかくなので常念乗越からの景色を掲載します。今日は雲海が広がっていました。遠くに見える山は浅間山方面。きっとこの近辺の山々でもミヤマモンキチョウ(浅間山亜種)が舞っている事でしょう。
d0176157_1154886.jpgd0176157_1163269.jpg


さて、明日は早起きして、遅めの出発、そして大天井岳の大天荘まで縦走の予定です。
by emu_nijuuhachi | 2011-07-21 20:00 | | Trackback | Comments(4)

遠征・浅間山系 2 (2010/07) ~ミヤマシロチョウ・ミヤマモンキチョウ

浅間山系の2日目。1日目が雲の多い日だったのに対し、朝8時ごろは既にカンカン照り。
この日はコースを変えて手前の山のピークを超えて。。。の予定でしたが、日照りにうんざり、前日と同じコースで山に向かいました。
キャンプ場までの道の脇、日影にシジミチョウが飛んでいました。目の前に止まったそのシジミはゴイシシジミでした。カメラ構えているうちにまた、笹薮の奥のほうに飛んでいってしまいました。
先を急ぐことにしました。キャンプ場の先は湿原の左側の道から先へ行くことにしました。途中で、昨日通った道にまた合流し、平坦な道がまた続きます。樹林帯が切れてくると、木々の隙間から富士山の姿が見えます。
d0176157_22515588.jpg

鞍部まで上がり、さらに稜線へ向かって歩みを進めます。稜線のやや下、フタスジチョウとなにやらヒョウモンチョウのような蝶が、糞か泥かから吸汁しています。近づくとこの2頭は逃げたのですが、近くにヒョウモンチョウらしきやつがとまりました。
コヒョウモンモドキでした。まだ新鮮できれいです。塩尻、松本付近の山より時期は少し遅いようです。
d0176157_225272.jpg

ミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウ舞う稜線に上がり、稜線をあるいていると、こんな蝶が。実は昨日も出会ったのですが、まさか定着しているんでしょうか?高山蝶の住む稜線でこれに会うとは。。。。
ツマグロヒョウモン♂。前日見たのは♀でした。それも数頭見かけました。
d0176157_22524867.jpg

最初の小さいピーク手前で、シジミが飛んでいるのを見かけました。
何シジミだろう?追いかけて止まるのを待ちました。
後翅裏の淵には赤の斑紋が並んでいます。ヒメシジミ?アサマシジミ?
浅間山系だけにもしかしたら。。。だとしたら初見だ!
わくわくして写真を撮りました。
(同定のポイントがよく分からなかったので、家に帰って調べたら…残念ながらヒメシジミ。とはいえ擦れていないヒメシジミに出会うのは久々なのでこれはこれで嬉しいですね。)
d0176157_2253927.jpg

d0176157_22535480.jpg

なかなかお目当ての蝶は近くに止まってくれません。とりあえず頂上まで急ぎ帰り道をゆっくり戻ることにしました。
やがて頂上に着きました。意外と頂上は広いです。キアゲハが数頭飛び回り、卍巴になったり、岩の上でテリを張ったり…広い頂上をもつ低山から亜高山でよく見かける風景ですね。
d0176157_2254769.jpg

しばらく休憩し、昼前には稜線を元来たほうに向かいました。と、頂上直下で2頭のミヤマシロチョウが絡み合ってます。1頭は飛び去ったのですが、もう一方は近くのハクサンフウロに止まりました。
ミヤマシロチョウ。
d0176157_22544211.jpg

少し降りたところで、また蝶に会えるかと待っていたら、足元にフタスジチョウがやってきました。
d0176157_22545220.jpg

ゆっくりと小ピークに向かって歩いていると、道端のマルバタケブキでミヤマシロチョウが。
今回最短距離へ大接近です。
d0176157_2255034.jpg

小ピークに着くと、色々な蝶が飛んでいます。4人ほどのカメラマンが、色々な蝶の写真を撮っています。
そのうちのお一方ののリュックに止まった、クロヒカゲ。と思いきや前翅裏の先端に3つの蛇の目!?クロヒカゲモドキか?
少々興奮しましたが、改めて写真を見ましたが、
クロヒカゲですね、これはたぶん間違いなく。
d0176157_22551141.jpg

カメラマンの人気の的が下のコヒョウモンモドキでした。なかなか開翅したままじっとしていてくれず、シャッターチャンスを逃すたびにカメラマンの皆さんの苦笑と溜息が…。でも粘った会がありました。
コヒョウモンモドキ。
d0176157_2255202.jpg

d0176157_22553238.jpg

さて、昼食をとり、いよいよ稜線を降ります。
とにかく日差しが強い。額が日焼けでヒリヒリします。
鞍部におりたところで休憩しながら考えました。このまま登山口まで戻って時間つぶしをするか、鞍部からもう一つの山を登るか。
時間に余裕があったので登ることにしました。
先へ進むとまもなく急坂になってきます。まだ鞍部からそれほど進んでいないのですが、ここにもミヤマモンキチョウがいました。ミヤマモンキチョウ♂に今回最接近です。
d0176157_22554972.jpg

急坂の連続です。暑いせいできついです。水を十分取りながら登りました。
ようやく傾斜が緩んできたころ、道路わきにまたまたミヤマモンキチョウ。ちょうどいい距離で撮影できました。
ミヤマモンキチョウ♀。
d0176157_22555821.jpg

程なく頂上到着。隣のピークにも足を伸ばしまし、その後下山。
くだりは、やはり急坂で小さい岩がごろごろした道でした。結構足が疲れました。牧場の脇に出てからは気持ちよく歩くことができ、宿まで戻ることができました。
暑気ざましでソフトクリームを食べると、もう帰りのバスの時間。
ゴイシシジミ撮影しそびれたなぁ、アサマシジミが見れればよかったなっていう思いはあるものの、
今回はいろいろな蝶が見られて満足な旅行となりました。
by emu_nijuuhachi | 2010-07-21 22:56 | | Trackback | Comments(2)

遠征・浅間山系 1 (2010/07) ~ミヤマシロチョウ・ミヤマモンキチョウ

前回の投稿からずいぶん間が空きました。折角見に来てくださっている皆様には申し訳なく思っています。
さて、信州に遠征してきました。とは行っても、登山と蝶目的で、浅間山系は初めてです。
とにかく今年ミヤマシロチョウ見るならきっとこの時期、とばかりに7/17~7/18で行ってまいりました。
まずは初日から。公共交通機関を乗り継ぎ、登山口まで。宿に顔を出し、チェックインも済ました後、早速目的の山へ向かいました。
まずはキャンプ場へ通じる道、道端の木に、早速蝶が舞います。
ヒメキマダラヒカゲ。
d0176157_013574.jpg

まもなくキャンプ場へ。キャンプ場の中を通過すると、そこは草原。色々な蝶が飛んでいました。
とりあえず撮影できたのはこれ。
イチモンジセセリです。最初は別のセセリと思ったのですが。。。
d0176157_0131533.jpg

d0176157_0132596.jpg
草原の先には湿原があります。湿原の左手の道をすすみます。少し登った後はしばらく平坦な道。道端にはいろいろな植物が生えていました。中には左の写真のようなベニバナイチヤクソウも。
樹林帯を抜けると目的の山と、隣の山の鞍部になります。そこから一気に登り高度を上げると、目的のヤマの稜線へ。稜線一帯は広い草原です。
早速ミヤマモンキチョウ(浅間山系亜種)が舞います。数頭飛んでいるのが見えます。
2年前に北アルプス亜種は見たのですが、浅間山系亜種は初めてです。この程度の標高で見られるのはとても不思議な感じがします。


d0176157_0145181.jpg

d0176157_015511.jpg

d0176157_0151257.jpg

d0176157_0152835.jpg
稜線を歩いていると、岩陰にコマクサが!群落を作っているわけでもなくポツンと2~3株ほどあります。標高2000mもないと思うのですが、植栽ですかね?


稜線は結構傾斜があるようだし、ガレ場ではあるのですが、意外と歩きやすい道でした。
また、稜線の道は開けていて、曇ってはいたのですが気持ちのよいものでした。
道端の木に大きなカメノコテントウがいるのを見つけました。
d0176157_0154618.jpg

また、マルバタケブキの花にはコチャバネセセリが旧蜜に来ています。
d0176157_015552.jpg

さて、稜線歩きでは頂上までは気持ちよく歩くことができました。
頂上に立ち寄り、また道を戻るのですが、頂上直下のあたりは、結構な数の蝶が飛んでいるので、しばらくその場をうろうろしてみました。
下はクロマメノキの花に吸蜜に来たミヤマモンキチョウ♀です。
ピンクの縁取りがきれいですね。
ミヤマモンキチョウはどうもなかなか1箇所に長時間とどまらない蝶のようで、近寄れるのですが、カメラを構えていると、すぐ他の花を探して飛んでいってしまいます。とりあえず近寄れた2つのショットです。
d0176157_0161993.jpg

d0176157_0163785.jpg

その頃になると、ミヤマシロチョウもちらほら見かけるようになりました。
ミヤマモンキチョウほど、「沢山」は飛んでいませんが、ここでは割と見られるようです。
ただこの日のミヤマシロチョウは、なかなかいい場所に止まってくれず、地面に止まったところを撮影。
d0176157_017137.jpg

白、黒、黄色、茶色の蝶が多い中に、赤い蝶が舞うととても艶やかに見えます。
稜線から少し降りた場所で見かけて、赤く艶やかなクジャクチョウです。
d0176157_01710100.jpg

d0176157_0171859.jpg
さて、今日は時間もないのでとりあえず、もと来た道をたどって戻りました。
途中、キャンプ場脇の草原に咲いていたアヤメを撮影しました。

この日は目的の蝶2種とも見られたのですが、特にミヤマシロチョウは今一の写真に終わりました。
翌日の撮影に期待したいと思います。

2日目へ続く。
by emu_nijuuhachi | 2010-07-21 00:19 | | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧