タグ:ミドリシジミ ( 5 ) タグの人気記事

2017年6月最初の蝶は武蔵野の徒歩圏内にて(2017年6月3日)

昨年、ようやく綺麗な新鮮なミドリシジミを撮影した比較的近い公園に、今年も早速出かけてみた。
実際には公園内でもその場所にはフェンスがあり、フェンスが開くのが9時半ということなので、10時ごろにその場所に着いた。
蝶が集まる栗の花はまだ咲き始めという状況。それでも着いてすぐ赤系のゼフィルス(ある分類に基づく樹上性のシジミチョウの仲間)が目についた。
すでにカメラを持って蝶を探していると思われる人たちもいる。到着して30分も経たないうちに、園内に生息するゼフィルス4種(=ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ)を見つけられた。ミドリシジミはどうも多くが下草に降りていたようで、木の下に何頭がいた。
昨年は新鮮な個体が多かったが樹上にいたためか角度の関係でやや青っぽく見えたが、今年はやや翅が擦れていたり、傷んでいる印象だったが下草で開翅してくれたおかげで綺麗なメタリックグリーンを見ることもできたのが嬉しい。
午後1時過ぎるとゼフィルスの姿もあまり見られなくなり、その場を離れた。
ところで、園内のボランティア

ミドリシジミ
d0176157_21224600.jpg
d0176157_21224724.jpg
d0176157_21224860.jpg
d0176157_21224566.jpg
ウラナミアカシジミ
d0176157_21224652.jpg

d0176157_21224879.jpg
アカシジミ
d0176157_21224403.jpg

ミズイロオナガシジミ
d0176157_21224849.jpg
(やや下の個体は羽化不全のようで翅が縒れているようだ)
d0176157_21224597.jpg

ゼフィルス以外ではコムラサキが多く飛んでいた。

コムラサキ
d0176157_21224710.jpg

(以下ある意味閲覧注意)


園内のボランティアの方の案内でクロコノマチョウの幼虫をたくさん見ることもできた。なんかちょっと愛嬌のある姿だ。
d0176157_21433331.jpg



by emu_nijuuhachi | 2017-06-03 21:46 | | Trackback | Comments(2)

武蔵野のミドリシジミ〜6月5日

ここ何年も近場の公園にミドリシジミを探しに度々足を運んだが、大概見つけるのはメスで、青や緑に輝くこの蝶のオスが翅を広げたのを見たのは片手でも数えられる程度、ましてはまともな写真はなかった。

6月5日は朝方雨が降ったが間もなく上がった。時期は申し分ない、雨上がりで蝶が下に降りている可能性も高い。高尾に行くことも考えていたが、これはチャンスとこの公園に向かった。

到着して、いつも最初に蝶を探すのは栗の木。翅は閉じているものの、ぱっと見でもミドリシジミが何頭か目に入った。今年は例年に比べて多めにいる印象だ。枝の一つ一つを舐め回すように見てると、隣でカメラを向けていた方が、「翅開いてますよ。」と声をかけてくださった。よく見ると青く輝く光るものが目に入った。

それがこの日のスタート。それから、昼すぎまで、度々青い輝きを堪能した。残念なのは、あまり近づけない場所ということもあり、角度的に緑というよりは青っぽく輝いて見えること。まあ贅沢は言えない。

開翅したメスも撮影した。いわゆるO型という、表に青や赤が入らない無紋のメスではあったが、青い鱗粉はやや多めに入っていた。

ミドリシジミ
d0176157_051180.jpg

d0176157_045770.jpg

d0176157_05785.jpg

d0176157_0526.jpg

d0176157_041881.jpg


d0176157_045119.jpg

d0176157_044420.jpg



ミドリシジミだけではなく、アカシジミやウラナミアカシジミもやってきた。


ウラナミアカシジミ


d0176157_043992.jpg



アカシジミ


d0176157_042513.jpg



その他、シジミチョウ以外の仲間も。


アカボシゴマダラ


d0176157_043575.jpg



スジグロシロチョウ


d0176157_043059.jpg



とにかくミドリシジミがやっとまともに見ることができた感じ。
by emu_nijuuhachi | 2016-06-15 00:35 | | Trackback | Comments(2)

地元もゼフのシーズン(ちょっと遅いけど)〜2014年6月15日

もはや、6月なかば。今更ゼフのシーズンと言うのはあまりにも出遅れ過ぎの感は否めないが、6月は信州やら高尾山やら、しかも高山蝶やらラン科植物やらの観察で、まったく身近なゼフィルスを見に行く余裕などなかったわけだ。
もう、翅も痛んでいる頃だとは思ったのだが、地元、野川沿いの公園まで様子を見に行った。ここには平地性ゼフィルス(=ミドリシジミの仲間を代表とする樹上性シジミチョウの一群)が4種定着している。ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミだ。年によってはゼフィルス観察会などもボランティアが開催していることがある。
例年個体数も少なくないので、とっくに、ウラナミアカシジミやミズイロオナガシジミだって見られてもいいはずだが、今回は見ることができなかった。
ミドリシジミについては、オスのメタリックグリーンを拝みたかったところだがそれはかなわなかった。

アカシジミ
d0176157_23162991.jpg

ミドリシジミ(O型♀)
d0176157_23163445.jpg
ミドリシジミ(♀)
d0176157_23163869.jpg
ところで、今回、この場所にしては珍しい蝶に出会った。というか、本来ここにいるはずの無い蝶だ。とはいえ、数年前から隣の公園で発見されたという話は聞いていた。ホシミスジ。関東では山地性だそうで、通常は平地では見られない。ネットでいろいろ調べてみると、実はこの蝶2010年に、その隣の公園で初めて発見され、DNAの分析をしたところ、瀬戸内産と思われるとの結果が出たそうだ。
要するに、なんらかの原因でこの地に人為的に持ち込まれたというわけ。蝶を人が意図的に別の場所で放すケースもあるが、植木や鉢植えなどを移動した際に幼虫や卵がついていて一緒に移動してしまうケースも少なくないようだ。実際上記のミドリシジミ。この公園のものは本来別産地のもので、公園内にハンノキを植えるさいに、ハンノキの苗についていた卵や幼虫から繁殖したのではないかとの説も聞いたことがある。
ホシミスジの幼虫はユキヤナギを好んで食べる。この辺りの庭木にもユキヤナギは少なくないことから、周辺に広がる可能性は十分にあるのではないか。

ホシミスジ
d0176157_23171377.jpg
翅の裏の付けねに黒い斑点がみられる。これがホシミスジの「ホシ」の由来だ。
d0176157_23171865.jpg
相変わらず数が多いのがテングチョウ。

テングチョウ
d0176157_23185104.jpg
ちなみに黒に黄色の縞、ミドリの目のトンボを見かけました。トンボはやっぱり詳しくないのだけれど、下の写真は何トンボでしょう?
コオニヤンマってやつ?顔が映ってないのでますます分からない。
d0176157_23185727.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-06-18 00:10 | | Trackback | Comments(4)

5月末から数えて3度目の野川公園(6月16日)

2013年6月16日。相も変わらず、ミドリシジミの雄に会いたいがため、雨上りのこの日も野川公園へ行った。結局ミドリの♂とは会えずじまいだったのだが、この日はオスはおろか、メスもほとんど見られず1頭のみ。メスと思われる個体は腹を丸めて先を枝に付けるようなしぐさをしていた。産卵行動かな。
ルリシジミ
d0176157_23194132.jpg

トラフシジミの表のブルーはシブくてきれいです。
トラフシジミ
d0176157_23193612.jpg

ヒメジャノメ
d0176157_23192156.jpg

やっと今年のミズイロに会えた。これで、今年も野川公園に定着しているゼフィルス4種皆さんにあうことができました。(ミドリの♂に会えなかったのは残念だけど)
ミズイロオナガシジミ
d0176157_2319355.jpg

クロアゲハ♂
d0176157_23192516.jpg

ミドリシジミ ♀かな?
d0176157_23192845.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-06-16 23:29 | | Trackback | Comments(0)

野川公園でゼフィルスを探す(2013年6月9日)

6月はゼフィルスのシーズン。ゼフィルス4種を求めて、野川公園に再び訪れた。前回であえたゼフはウラナミアカシジミのみ。今回はなんとかミドリに会いたいとおもっていた。
しばらく歩き回ったがなかなか見つからず。
吸汁するキマダラセセリがいたので撮影した。

キマダラセセリ
d0176157_0434473.jpg

その後も歩き回っているうちに何頭かのミドリシジミに出会えた。しかしどういうわけか♀ばっかり。♂を見た方もいたようだが、自分は結局♀にしか会えずじまいだった。

ミドリシジミ♀
d0176157_0435061.jpg

ミドリシジミ♀
d0176157_0435783.jpg

この日はほかにもいくつかの蝶に出会った。

アカシジミ
d0176157_0441321.jpg

ウラギンシジミ♂
d0176157_0442531.jpg

トラフシジミ(夏型)
d0176157_0445783.jpg

ルリシジミ
d0176157_045667.jpg

ヨツスジハナカミキリ
d0176157_0452685.jpg

蝶だけではなく、鳥の鳴き声がやけに響く日だった。聞き覚えのある声。カワセミだった。

カワセミ♂
d0176157_0475634.jpg

カワセミ♂
d0176157_0454666.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-06-09 23:44 | 武蔵野 | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧