タグ:タカネキマダラセセリ ( 3 ) タグの人気記事

7月も上高地(2013年7月13~14日)

6月に引き続き、上高地遠征を結構。今回はやや高い標高で、クモマツマキチョウが見れればという思いからだった。2年前には常念山脈の東側斜面で7月後半に見ている。個体数は上高地の方が多いに違いないという思いもあり実行した遠征だった。
ところが、13日、雲がやけに多い、さらに新釜トンネルと抜けると強風が梢を大きく揺らしている。雲が多く、強風が吹くときは、山のピークを中心に雨が降りやすい条件がそろってしまう。かなり厳しそうだ。今回は山でゆっくりする日程は確保できていない。1泊で東京と往復しなくてはならない。余裕がある時は、麓で1泊するところ、昼に上高地バスターミナルに到着して早々、山小屋への移動開始だ。今回は気候だけではない。腰を痛めているし、倦怠感に覆われている。
梓川のわきの草花にはシジミチョウがチラチラ待っている。見るとやはりヒメシジミだ。この時期の上高地周辺はどうやらヒメシジミが多いようだ。

ヒメシジミ
d0176157_22292822.jpg

体が重い。いつもと変わらないはずの荷物の重みが苦しい。しかし、ゆっくりしたペースで標高を上げてゆく。針葉樹林の樹林帯を抜けるあたりには1輪のギンリョウソウが咲いていた。

ギンリョウソウ
d0176157_22294565.jpg

中間地点に近づくころには足運びが悪くなり、途中で吐いた。吐いたら気分は少し良くなったが、足が重いのは変わらない。さらに雨も降ってきたこともあり、戻るか進むか迷ったが、いつも山小屋でぐっすり眠れば体調が大幅に改善する事も多い。ふらついたり、寒気がするなどの症状はなく、今回はゆっくり登り続けることにした。
通常の人の倍の時間をかけて、ようやく小屋に到着。周囲の眺めを楽しみながら体を休めているうち、体調は落ち着いてきた。夕食も通常通り食べることもできた。

翌14日、相変わらずいまいちの感じ。小屋の周囲を散策していると、ベニバナイチゴの木と、その下にはキヌガサソウが花を咲かせていた。

ベニバナイチゴ
d0176157_22295117.jpg

キヌガサソウ
d0176157_22295650.jpg

小屋から麓の方を眺めると、河童橋が良く見えた。自分のいる場所は曇っているが、下の方は晴れているようだ。

上高地・河童橋付近の眺め
d0176157_22463053.jpg

d0176157_22464521.jpg
d0176157_2247119.jpg

それにしても、まだ蝶が姿を現してくれない。難所へ続く登山道の途中はお花畑になっているとのことで、またガレ場もあるので、目的の蝶が見られるかもしれない、そう思い登山道を登って行った。雨が降ったりやんだりを繰り返している。途中多くの花に出会った。

テガタチドリ
d0176157_2230297.jpg

カラマツソウ
d0176157_2230767.jpg

ハクサンチドリ
d0176157_22301344.jpg

沢のガレ場に差し掛かったころ、雨が本格的になってきた。もう蝶は期待できないだろう。やむを得ず小屋まで降りることにした。小屋に戻り、荷造りをしたうえで、雨が弱まるのを待った。
下山開始。下山中も花に出会った。

イワカガミ
d0176157_22301867.jpg

d0176157_22302491.jpg

オオバミゾホオズキ
d0176157_22303240.jpg

ツマトリソウ
d0176157_22304575.jpg

マイヅルソウ
d0176157_22305132.jpg

ミヤマニガイチゴ
d0176157_2230568.jpg

下り始めるとどんどん標高は下がってゆく。標高が下がってくるとともに気温がやや上がってきた。と、自分のわきを茶色い小さな蝶が追い抜いてゆく。これは期待ができそうだ。まもなくヒヨドリバナの蕾の草原に差し掛かった時に出会ったのは、タカネキマダラセセリだった。今回は全く期待せずに歩いていた時の出会いで贅沢なご褒美となった。

タカネキマダラセセリ
d0176157_2231292.jpg

d0176157_2231850.jpg

この先も花が咲いていたり、蕾をたくさんつけていた。条件さえよければきっと多くの蝶が訪れるであろうところだが、今回は本当に蝶が少なかった。

グンナイフウロ
d0176157_2235754.jpg

クガイソウ
d0176157_2235258.jpg

エンレイソウ
d0176157_22354661.jpg

クルマユリ
d0176157_22361222.jpg

ゴゼンタチバナ
d0176157_22362531.jpg

ハクサンシャクナゲ
d0176157_22365143.jpg

針葉樹林帯に入り、下っていると、白い何かが沢山土から顔を出していた。ギンリョウソウの芽吹きだった。ギンリョウソウは花をつけた姿で芽を出すのだということを知った。

ギンリョウソウ
d0176157_2237926.jpg

登山道から上高地の遊歩道に合流したところで、シジミチョウが飛んでいた。白と黒がチラチラと反転する飛翔。笹の多い場所。ピンときた。ゴイシシジミだ。近づくと案の定だった。

ゴイシシジミ
d0176157_22372329.jpg

アザミには草食性のテントウムシがいた。

ヤマトアザミテントウ
d0176157_22373654.jpg

ゴイシシジミ
d0176157_22374854.jpg

河童橋付近まで戻ると、やはりヒメシジミが多数飛んでいた。

ヒメシジミ
d0176157_223828.jpg

ヒメシジミ
d0176157_22381791.jpg

ヒメシジミ
d0176157_22382774.jpg

今回は残念ながらあまり蝶に会うことはできなかった。天気がよく時間に余裕があれば、オオイチモンジの観察ポイントに向かいたいところだったが、天気も不安定なので、今回はあきらめて引き上げることにした。オオイチモンジは来年以降、また会いに来よう。
by emu_nijuuhachi | 2013-07-14 22:33 | 上高地 | Trackback | Comments(2)

7月の旅~アタック

7月28日。この旅の最終日、天気はどうだろうか。旅に出る前から天気がよければ星空を眺めたいと思っていた。
早朝2時に寝床から這い出し外に出てみた。外は満天の星空だった。肉眼で天の川だって見える。
いかに都会の夜空が明るいかを感じる時間だった。
6分ほどシャッターを開けっぱなしにしてみた。星は天空を回っているのがよくわかる。
d0176157_1681476.jpg

同じ方向を再び撮影してみる。カシオペアがよく見える。カシオペアを呑み込むように天の川が流れている。
d0176157_1682110.jpg

東側を中心とした空。朝になったらこの方向に進もう。
d0176157_2219429.jpg

南南西の空は山の向こうがうっすら明るい。明け方で空が白み始めたのか?いや、まだ2時過ぎだ。いくらなんでも早すぎる。たぶん街の明かりだということに気が付いた。あとで地図で調べてみるとちょうど名古屋の方向であることがわかった。
d0176157_1682537.jpg

天気は上々。朝が楽しみだ。40分も星空を眺めていた。
再び寝床に着いた。

あさ4時30分起床。5時の朝食を済ませ、5時半には出発準備ができていた。荷物はカメラ、水、タオル、救急セット、行動食、雨具、それと念のためストック。これらをサブザックに詰め、それ以外は山小屋付近にデポしていくことにした。
振り返ると青空が広がっていて、稜線には日がさしている。
d0176157_1683399.jpg

南側は山の頂上とはるか下の方に雲が漂っているがおおむね晴れだ。
d0176157_1683864.jpg

足元にヨツバシオガマが咲いていた。高山で見かけるものよりやや大きな株だ。

ヨツバシオガマ
d0176157_1684558.jpg


歩き出した。残雪の残る沢を渡り灌木帯に入る。しばらく進むと斜面上の草原に出てジグザグの道を進みながらどんどん高度を上げてゆく。再び灌木帯に入りさらに進むと、登山道は岩が徐々に増えてきて、長い鉄のハシゴが現れた、ハシゴで15メートルほど登り、さらにぐんぐんと高度があがってゆく。灌木帯を抜けたと思ったら平坦な休憩によさそうな場所にでた。出発から約1時間、ここは「カモシカの立場」とよばれる場所だ。
高台になっていて景色がいい。標高にして山小屋の地点から350mほど高度を上げた。西穂高岳附近の稜線の高さはだいぶ近づいてきた。
d0176157_1685533.jpg

明神岳は近づいてはきたが、まだまだ見上げるようだ。
d0176157_169245.jpg

ここで休憩していると、山小屋付近で追い抜いた単独の女性に追いついてきた。ゆっくり登っておられるようでペースの遅い自分と似たようなスピードだ。「景色がすごいですね」などと会話を交わし、休憩を終えると、ここからはしばらく行動を共にさせてもらった。女性に先行してもらい、自分はその少しあとを歩いた。
ここからは本格的な登山だ。両手足を駆使して岩場をぐんぐん上るところあり、ハシゴが連続しているあり、安全のため鎖をつかんで登る場所ありで、まずは山小屋から500mほど高度を上げた地点まできた。
今日の最低限の目標、「岳沢パノラマ」だ。目の前には山の稜線から切れ落ちている急傾斜の尾根や谷が広がる。なかなかの高度感だ。見上げるとさらに上の高台に人が休憩している。そこまでは十分いけそうだ。途中岩場を苦労しながら下ってこちらに向かっている人もいるが、苦労するのはわずかな区間のようだ。がんばって高台まで行ってみよう。カモシカの立場から一緒に行動にしていた女性とも、そこまでは行動を共にすることにした。
ハイマツ帯と鎖が張られた岩場を通過し、高度をさらに50mほどあげると、再びそこそこ広い平坦な場所にでた。先ほど人が休憩しているのが見えていた「雷鳥広場」だ。ここでも一休み。行動を共にしていた女性とはここで別れた。彼女はこのあと、前穂高岳、奥穂高岳(日本第3位の高峰)を縦走するらしい。
この場所は休憩にちょうどいい形をした低くて平らな岩が多い。休憩をしながら、戻るか、進むかを考えた。体調に自身がなかったが意外に調子がいい。現状に不安は感じない。時間もまだ7時半を回った程度、時間的な余裕もあるので、やはり行けるところまで行ってみようと思った。
次の目標は、前穂高岳頂上への道と、吊尾根から奥穂高岳への道の分岐点である、「紀美子平」だ。
周囲に高山らしい花が増えてきている。特にハクサンイチゲやシナノキンバイは鮮やかだ。

ハクサンイチゲ
d0176157_1691112.jpg


上空はかなり曇ってきた。周囲の山が完全に雲に隠れたり、雲間に明神岳が見えました。明神岳の高さももう自分とそれほど差がないぐらいになってきた。
d0176157_1692111.jpg

さらに岩だらけの道。岩をよじ登り、曲がりくねったハシゴを超えてたどり着いたところは、ずっと上の方まで鎖が続いた岩の急こう配の斜面。岩の表面は平らでいかにも滑りそう。鎖をつかんで確実に歩みをすすめた。
鎖が岩の角を左に巻き込み視界から消えていた。鎖を伝って岩を左に巻き込んで登りきると突如広い場所と多くの休憩する登山客の姿が目に飛び込んできた。ここが「紀美子平」。すでに山小屋から高度は750mほど上げてきており、標高2900mを超えている。
意外に体力的にはまだまだ余裕がある。天気はまだ雲が多くいまいちといった感じ。山小屋で同室だった方が前穂高岳から降りてこられ、眺望が残念だとの話をしてくださった。でもここまできたらあと170mほど登れば前穂高岳頂上だ。先を進むことにした。
穂高連峰は岩峰だ。ここまで来ると岩だらけ。とにかくよじ登る。脇をみると谷底へ伸びるお花畑にほっとする。いよいよ最後の登りだ。上で岩が崩れる音がした。びっくりしたがけが人はいない模様、どうも浮石を踏んで転んだ人がいたようだ。自分も気を引き締めて登りきり、ついに標高3090mの前穂高岳頂上に立つことができた。先ほどまでの雲が嘘のように晴れ、青空が広がっている。すぐ近くにどっしりとした奥穂高岳、その右側に尖がった涸沢岳、さらに右側には頂上付近が広くごつごつした北穂高岳が見える。絶景である。手前の斜面はすとんと谷底に落ちている。この谷底が有名な涸沢だ。北穂高岳のさらに右側は雲がかかったままだが、あの雲の中には槍ヶ岳だ。
とてもさわやかだ。来てよかったと思った瞬間だ。
d0176157_1693198.jpg

d0176157_169472.jpg

見下ろすと、真下にあの山小屋が見えていた。
d0176157_1695865.jpg

さらに遠くかなたには梓川に沿って、上高地のバスターミナルや、帝国ホテルの赤い屋根、さらには大正池などが見えている。
d0176157_16101292.jpg

20分ほど休憩し下山を開始した。ここから、今日は上高地バスターミナルまで1600m高度を下げなくてはいけない。急斜面の下り、足にこたえそうだ。時間をかけてひざに負担をかけないように気をつけてくだろう。
この登山中はあまり花を写す余裕がなかった。タカネスミレなど、高い山に来ないとみられない花も見られたのだが写真を撮り損ねた。せっかくなので下山途中は、シナノキンバイのお花畑を写真に収めた。

シナノキンバイとハクサンイチゲ
d0176157_1615119.jpg

北アルプスに来て稜線付近に来ると必ず見られるのがこのイワツメクサ

イワツメクサ
d0176157_16154223.jpg


イワギキョウが崖の端に咲いていた。遠景には山小屋がまだまだ遠く見えている。

イワギキョウ
d0176157_16163199.jpg


とにかく下りは長かった。途中から体力的な余裕はなくなってきた。ゆっくりゆっくり降りて行った。
山小屋に到着する少し前に、タカネキマダラセセリがグンナイフウロで吸密するのを見つけた。

タカネキマダラセセリ
d0176157_16164657.jpg

山小屋に着いたときは、もはやへとへとだった。もう歩きたくないと思った。が、今日は下山しなくてはならない。山小屋で戦利品として前穂高岳のバッヂを購入し、大休止のあと厭々ながら、上高地までの下山を開始した。
下山を開始して間もなく、茂みの中でカメラを構えている人がいる。これは蝶の写真でもとっているに違いないと思い、訪ねてみたら案の定、「蝶を撮ってます。タカネキです。」とのこと。その方から名刺をいただくことができて驚いたのはブログで何度もお名前を拝見していた方(ヒメオオさん)だったのだ。出会いの不思議を感じつつ、ペースの上がらない自分は足を進めなければならなかった。まもなく、深い樹林帯に入るというところの手前で、またまたタカネキマダラセセリが吸密しているのに出会った。クガイソウで一心不乱に蜜を吸っている。こんな低い標高で出会うと思っていなかったので意外よろこびだ。今回はアップで撮影してみた。

タカネキマダラセセリ
d0176157_16165662.jpg

d0176157_16171065.jpg


距離はさほどでもないが、長い長い道のりだった10時前には下山開始したのに、河童橋に到着したのはすでに17時だった。今回の登山は行きはよいよい、帰りはへとへとのよい教訓になった。
上高地発のバスにはスムーズに乗ることができ無事東京に着くことができたのだった。
by emu_nijuuhachi | 2012-07-28 22:00 | 山行 | Trackback | Comments(4)

7月の旅~アプローチ、そしてタカネキとの出会い

7月27日。本日はタカネキマダラセセリの観察を目標に朝5:45に宿を出た。
登山口から登り始めるとすぐに深い樹林帯になる。樹林帯の林床には見ると魅力的な花が咲いている。
葉緑体を持たない腐生植物のギンリョウソウを見つけた。葉緑体だけではなく葉も持たない。真っ白で神秘的な雰囲気のある花である。

ギンリョウソウ
d0176157_6482259.jpg

初見のランを見つけた。キソチドリという名だそうだ。また、このキソチドリの近くにはコバノイチヤクソウが花を咲かせている。

キソチドリ
d0176157_6482666.jpg

コバノイチヤクソウ
d0176157_6484556.jpg

しばらく歩くと一時深い樹林帯を抜ける時がある。ガレ場に登ると、涸れた沢の向こうに広い草付きのカール状の地形が広がる。その向こうには見事な日本アルプスの岩峰の峰々が連なってすごい迫力だ。そらは真っ青だ。
d0176157_6485741.jpg

再び樹林帯に入る。岩が多く比較的緩やかな登りが続く道を歩き続ける。時折、樹林帯が途切れるがほとんどの道は頭上まで緑に囲まれた登山道で単調な登りである。徐々に木々は灌木が増えてきて道は明るくなってきた。
明るくなると蝶が飛び始めた。ザックのショルダーベルトに止まった蝶がいたので、手を差し伸べると手に乗り移ってきた。ヒメキマダラヒカゲだ。

ヒメキマダラヒカゲ
d0176157_6496100.jpg

灌木の木立を抜けると突然、涸れた沢の向こう側に山小屋が見えた。涸れた沢を横切り、短い灌木帯をぬけると小屋に着いた。
体調崩してから久々にしっかり歩いたこともあり少々疲れた。近くのベンチでゆっくり休んだ。
少々落ち着いてきたので、山小屋の近所の草原を散策してみることにした。タカネキマダラセセリが見られるかもしれない。しかし、どちらの草原に行けばタカネキが見られるのだろう?感がすべてだったが、30分ほど歩くとセセリチョウ特有の飛び方をする蝶をみつけた。タカネキマダラセセリだった。田淵行男がいう本州高山蝶9種の最後の1種にやっと出会うことができた。この付近は所々でタカネキマダラセセリが飛んでいる。個体数は比較的多いようだ。

タカネキマダラセセリ

グンナイフウロで吸密するタカネキマダラセセリ。
d0176157_649918.jpg

ハクサンフウロの花の裏側にとまるタカネキマダラセセリ。
d0176157_6491478.jpg

テガタチドリで吸密するタカネキマダラセセリ。
d0176157_6491837.jpg

ハクサンフウロで吸密するタカネキマダラセセリ。
d0176157_6543724.jpg

ハクサンフウロで休むタカネキマダラセセリ。
d0176157_6492757.jpg


この付近はいろいろな花が咲いていた。グンナイフウロ、ハクサンフウロ、テガタチドリのほか、シュロソウ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマコウゾリナなど。下の写真はシュロソウ。

シュロソウ
d0176157_6493830.jpg

タカネキマダラセセリ

ハクサンフウロで1頭のタカネキマダラセセリが吸密をしていたところ、もう一頭やってきた。
d0176157_6494511.jpg

ミヤマコウゾリナ(?)で吸密しているタカネキマダラセセリ。やっと開翅写真が撮れた。
d0176157_6521180.jpg

そこそこの数の写真が撮れたので山小屋に戻った。まだ昼過ぎだったが、部屋に上がって昼寝と決め込んだ。
山小屋での夕刻。翌日の行動予定を考えた。山小屋の背後にはまるで垂直にそそり立つ山があった。さすがに体力に自信がなかったが、相部屋で同室になった方から、途中まででもぜひ登ってみないともったいないですよ、とのアドバイスをもらい、行けるところまで行こうと思った。
下は山小屋の裏を魚眼レンズで写した写真だ。超広角でうつしているから、こんな感じに映っているが、迫ってくる迫力はこんなものではない。
d0176157_73581.jpg

今日登ってきた方向を振り返ると、はるか下の方には今日のスタート地点のあたりが見えていた。
d0176157_6524570.jpg

明日は晴れるだろうか?
by emu_nijuuhachi | 2012-07-27 19:30 | | Trackback | Comments(2)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧