タグ:サカハチチョウ ( 3 ) タグの人気記事

2017年5月14日 久々の裏高尾蝶々撮影

大変ご無沙汰です。
しばらくブログは休んでおりました。
去年の7/1の撮影から後は、全くブログはしていませんでした。他の方のブログもたまに覗く程度でした。
Facebookとかだと画像の調整など気にしないで適当にアップすれば済むので気楽なもんなんですが、Exiteブログだとファイルサイズなどを調整しないと勝手にサイズ縮小されたりするので神経使って面倒なのです。
ということで久々なのですが、観察に出かけて、偶然が重なって何方かの知り合いにお会いしたのに刺激され、久々のブログをアップすることにしました。

場所は裏高尾。自然観察にはいいシーズンなので、あちらこちらで観察会らしい団体さんも訪れていました。ポイントに向けて歩みを進めていると、複数の方々が木を見上げています。
ここで2組の知り合いと久々の再会を果たしました。
オナガアゲハが見えるが、伺うとアオバセセリも飛んでいるとか。よく見ると確かに飛んでいました。
渋い青銅色で素早くかっ飛んでいます。

アオバセセリ
d0176157_23240151.jpg
d0176157_23240144.jpg
d0176157_23240255.jpg

オナガアゲハも複数飛んでいる。焚き火後の地面で給水しているものもいます。

オナガアゲハ
d0176157_23240299.jpg
d0176157_23240308.jpg
たまにカラスアゲハらしい蝶や、クロアゲハらしい蝶も訪れているようです。

クロアゲハ(?)
d0176157_23240510.jpg

全般的に雲の多い日でしたが、日が差してくるとサカハチチョウやコミスジなども舞い始めます。

サカハチチョウ
d0176157_23240698.jpg
コミスジ
d0176157_23240605.jpg

帰り道の途中、どうもカラスアゲハらしい蝶が遠目の木で吸蜜しているのを見つけました。遠目だったしやや暗めだったのでわかりにくかったのですが、写真で確認したところ、カラスアゲハのメスっぽいけどどうだろう?

カラスアゲハ?
d0176157_23240703.jpg

立ち話しているうちに16時を過ぎてしまい、急いで帰宅の途につきました。
お話相手になってくださった皆様ありがとうございました。



by emu_nijuuhachi | 2017-05-15 23:48 | Trackback | Comments(4)

裏高尾もそろそろアゲハが舞う時期かと思い…〜5月1日

5月になった。裏高尾の林道を歩けば、いろいろな蝶に出会えるチャンスがあるはずだ。
ウスバシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、アオバセセリ、アサギマダラ。もしかしたらモンキアゲハやらスミナガシにも会えるかもしれない。
期待感にあふれて、沢に行ってみたが...予想に反して花が少ない。こうなるとミヤマカラスアゲハやアオバセセリなどに会うのも難しい。
そのような中でも、いくつかの蝶や花に合うことができた。

毎年、確実にここで会えるのがウスバシロチョウ。高尾周辺ではかなり広い範囲で会える蝶。
知らない人はモンシロチョウなどの仲間と思われるかもしれないが、立派なアゲハチョウの仲間。幼虫はムラサキケマンなどを食べる。

ウスバシロチョウ
d0176157_10283218.jpg
d0176157_10283835.jpg
続いてサカハチチョウ。数年前、あまりにもサカハチチョウが少ないので心配したが、とりあえず会えたのでほっとした。
春型は赤い模様が鮮やかだ。知らない人がみると、夏型とは別種のように思われるかもしれない。夏型は黒い羽に白い太い帯状の模様が一本入る。

サカハチチョウ(春型)
d0176157_10293646.jpg
d0176157_10294276.jpg
ツマキチョウは、春先はモンシロチョウなどに混じって普通に見られる蝶だ。案外気づいてない人も多いのではないだろうか。
ごく普通の種類だが、前翅先端の黄色い模様と、後翅裏の模様のおかげで、魅力を感じる。

ツマキチョウ
d0176157_10294658.jpg
上のツマキチョウが吸蜜しているのはムラサキケマンだが、このムラサキケマン、紫と名が付きながら一部だけが紫で残りが白かったり(別名・シロヤブケマン)、全体が白かったり(別名・ユキヤブケマン)、株によって花の色が違う。この林道では意外に白い花が多いのに気づいた。

ムラサキケマン(紫)
d0176157_10301218.jpg
ムラサキケマン(シロヤブケマン)
d0176157_10301840.jpg
ムラサキケマン(ユキヤブケマン)
d0176157_1030758.jpg
ムラサキケマンににた花で高尾でよく見かける花にヤマエンゴサク、ジロボウエンゴサクがある。この林道で多く見られるのはジロボウエンゴサク。ムラサキケマンは葉っぱに細かい切れ込みが入るが、ジロボウエンゴサクは3裂にわかれた卵形の形状の葉となる。

ジロボウエンゴサク
d0176157_10302319.jpg
この時期でもスミレは何種類か見られる。

ケマルバスミレ
d0176157_1030406.jpg
ニョイスミレ
d0176157_10304558.jpg
驚いたことに2月の豪雪で積もった雪の解け残りと思われる残雪が林道の対岸の所々に見られた。それだけ、今年の雪はすごかったということは、そういえば倒木が沢にあふれていた。雪崩も相当起きたのではないか。

高尾で5月に残雪が…
d0176157_10414716.jpg
帰りは、別の林道の入り口付近にある民家の庭で咲いていたランの仲間2種を撮影させていただいた。
クマガイソウ
d0176157_10305048.jpg
エビネ
d0176157_10305571.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 20:43 | 高尾山 | Trackback | Comments(0)

初・小下沢(2005)~サカハチチョウ他

2005年残暑の時期。
小下沢は植物、昆虫の観察地としてそこそこ有名らしいです。
2005年、ここも行っておかなきゃね、ということで初めて行ったのです。
紹介するのは2005/8/27、2005/9/3のことです。記憶があやふやですが、正確には8/27が「初」ではなかった気がします。実はその少し前に、林道を少し入ったところを引き返したときがあったはずです。
8/27は小下沢林道を旧キャンプ場まで入って、左手の沢(ザリクボ)を登って景信山に至るコースを行きました。

スタートは高尾駅。高尾から小仏行きのバスに乗り大下バス停へ、小仏沢沿いの旧甲州街道を下って行きます。
d0176157_843072.jpg
小仏沢の土手にはクズの花が咲き、オニグルミが実をつけていました。東京都とはいえ畑も多くのどかな風景です。
2分程度歩くと、道はまっすぐの道と、右手のレンガ造りの中央線ガードへ続く道に分かれます。まっすぐ進むと小下沢林道です。


d0176157_84383.jpg


小下沢林道に入ると、右手のフェンスの向こうは小高い丘になっており、梅林になっています。梅林の下草にではせわしくセセリチョウが飛んでいます。
ヒメキマダラセセリです。明るい色合いのセセリです。
d0176157_852911.jpg

少し先へ進むと、またセセリチョウ。今度はイチモンジセセリ。
d0176157_85392.jpg

d0176157_85484.jpg
さらに進むと、杉の植林地と広葉樹林が入り混じる林の下に道が続いていきます。林床の植生は豊かで、多くの植物を観察できる小下沢ですが、8月下旬ともなると秋の空気が漂っています。ミズヒキ(タデ科)の花を沢山見ました。


陽だまりで見かけたサカハチチョウです。
d0176157_86583.jpg

明るい場所に出ると、オニヤンマが翅を休めていました。
d0176157_8613100.jpg

また林の中の道に入り、しばらく行くとゲートがあり、さらに進むと広い場所に出ます。
ここは旧キャンプ場。作業小屋、広い原っぱがあり、先へ進むとまたゲート、右には北高尾山稜へ続く道、左がザリクボから景信山への登山道となっています。
この広場でヤマトシジミの写真を撮り、左のザリクボに取り付きます。
d0176157_862269.jpg

登山道は水がかなり流れており、小さい川の中を歩くような感じでした。
途中、林業用の作業道が多くつけられています。途中トラバースするように山を巻いて進むと、そのうち小仏から上がってくる景信登山道と合流します。あとは、急坂を登れば景信山。この当時の景信山は北側斜面はスギ(ヒノキだったかも)が植わっていて、山頂から北側の眺望はほとんどありませんでしたが、スギかヒノキの手前は草地になっていて、花が咲いています。いくつかの蝶が飛んでいました。
この日はここで、スジグロシロチョウを撮影。山の上で見るスジグロシロチョウはどこか清楚に見えます。
d0176157_863249.jpg

景信山でひと時休憩した後、小仏峠、城山、一丁平、高尾山へと尾根を歩くことにしました。
小仏の城山を越えると、後はなだらかな広々とした道が続きます。
途中で出会ったアカハナカミキリ。止まっているシシウドの花のしべがやや青みがかって見えます。
d0176157_864444.jpg

さらに、道脇のアザミには、キアゲハが吸蜜に来ています。
d0176157_8781.jpg

この日、名前を覚えたのがセンニンソウ。高尾は歩くたびに、花の名前を覚えられるのも楽しみの一つです。
こんな真っ白なキノコにも出会いました。いろいろ調べたんですが、多分シロオニタケの成菌です。違っていたら教えてください。
その後高尾山に立ち寄って下山しました。
d0176157_871878.jpg
d0176157_873155.jpg
by emu_nijuuhachi | 2010-07-10 08:08 | | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧