タグ:クモマツマキチョウ ( 2 ) タグの人気記事

アルプスの麓でオレンジ色を見たい 〜 2015年5月末

毎年オレンジ色の蝶、クモマツマキチョウを見にこの地を訪れる。
到着した翌日の朝から早速自分の好きなポイントに移動して撮影開始。
去年と同じ場所だが、去年いい場所に咲いていた吸蜜源のスミレが今年はない。少し上がった土手の上にはミヤマハタザオ、イワハタザオが結構咲いているのだが、去年の経験から、クモマツマキチョウは比較的沢に沿って高さ1メートルぐらいを直線的に飛ぶのが好きで、あまり土手をかけ登らない。

ポイントに到着し、待つ事2時間半ほどで、主役登場。午前中はもっぱら川下から自分のいるポイントを通り過ぎて上流へ向かってまっすぐと登っていくばかり。
午後になってようやく上流から降りてきて自分いるあたりを100mくらいの範囲で登ったり下ったりを繰り返すようになった。
しかし吸蜜源がないという心配が的中。ほとんど止まる事がなかった。
仕方がないので、結局、今年は飛翔写真にかけるしかなくなってしまった。
この蝶の飛翔写真は本当に苦手である。

クモマツマキチョウ
d0176157_23180445.jpg
d0176157_23182220.jpg
d0176157_23183517.jpg
この写真、バックが空と山で綺麗な背景なので、ピントが合っていてブレがなければ本当に良かったのに、と少々残念に思う。
d0176157_23191231.jpg
d0176157_23192938.jpg
今のカメラ EOS 7D mkII にしてから、どうも手ぶれが目立つ。なんでだろう??これでも1/1000で撮影してるんだけど、カメラを大きく動かしすぎ?
d0176157_23193328.jpg

撮影に疲れて岩の上で休憩していたら、アサギマダラが遠くを飛んでいるのに気付いた。なぜかどんどん近寄ってくるので慌てて写真を撮らせてもらった。
d0176157_23194384.jpg
ヤマキマダラヒカゲ
沢にはヤマキマダラヒカゲもやってきた。
d0176157_23173919.jpg

以上で蝶の撮影完了。
宿にはお客さんがやってきた。

ヒオドシチョウ
d0176157_23195024.jpg
今年は写真の出来としては少し残念な感じ。
飛翔写真は相変わらず上達しない。今年は沢にスミレが少ないのが残念だった。やっぱり吸蜜中の写真を撮りたかった。

ちなみに今回の上高地行は好天に恵まれた。
河童橋の近くからは穂高の壮大な山容。ここから望遠レンズで山を眺めるのが好きだ。
d0176157_23161017.jpg
望遠で覗くと岳沢の小屋だってよく見える。自分は岳沢ではすれ違った事はあるものの、その蝶にまともに会えた事がない。
d0176157_23162861.jpg
天気が本当に良くて、河童橋付近から望遠で覗けば奥穂高岳の頂上も良く見えたのだった。
d0176157_23491187.jpg


by emu_nijuuhachi | 2015-06-07 23:50 | | Trackback | Comments(2)

写真はともかく今回はじっくり観察しました・クモマツマキチョウ〜2014年5月31日・6月1日

2005年に久々に10年ぶりとなる本格ハイキングを復活し、その際デジカメを持つようになってからは、高山蝶を探しに山に入るなどして、シジミチョウや各山系亜種を除けば、本州と北海道は一通り見てきている。
その中で、探しに出かけてもたびたび敗退するのが、このクモマツマキチョウだ。
2006年には観察ポイントも知らず、おおざっぱな地域情報だけでただただ探しまわった。見つからなかった。別のときはポイントも調べたが、その地は雪に覆われていて時期が違うことを知った。ある年、遠くに見えた沢がすごく気になった。その翌年その沢に足を運んで初めてその白地にオレンジの蝶にあうことができた。2009年のこと。自分は知らなかったが産地として知られた場所だった。
2014年。初めてその蝶に出会った地に向かうことにした。旅の途中、毎年のようにお世話になっている宿に宿泊。このとき物販コーナーで何気なくバッジに目をやると...。いるではないか目的の蝶が。これで今年は遭えなくても記念になった。
d0176157_00002912.jpg
翌日から2日間、その沢に足を踏み入れた。足を踏み入れた瞬間、自分の歩いている登山道の脇、土手の下をオレンジの蝶が自分を追い抜いて川上に上って行くのが見えた。
目的地に到着し、景色を眺めていると対岸をその蝶がまた川上に上って行くのが見えた。そのうち川下へ下って行く蝶も見えた。ところがなかなか花に止まってくれない。登山道脇、土手の上にはこの蝶の食草で、成虫も蜜を吸いにくるミヤマハタザオがいくつも咲いているにもかかわらず、いっこうに近づいてこない。川に沿って上ったり下ったりしているばかりだ。
吸蜜中の姿を写真に収めたかったが、全然近くにとまらない。しかも先ほどから川の対岸ばかりに現れる。そこで、川を渡りまずは飛翔の写真から撮ることにしたが、これがまた難しかった。
他のブログではすごく奇麗な飛翔写真もたくさんあるので少々人様にお見せするには恥ずかしいできではあるのだが、今回は吸蜜もあまりたいしたものが撮影できなかったのでネタ不足を補うために公開させていただく。
そのうち、近くのスミレで吸蜜をするようになったので、いくらかの写真は撮れたが、気温が高いせいか蝶に落ち着きがない、花に止まっている時間がすごく短い。自分のようにもたつくとまともに写真など撮っていられない。
d0176157_23590027.jpg
d0176157_23590780.jpg
d0176157_23591860.jpg
d0176157_23592440.jpg
d0176157_23593744.jpg
d0176157_23594458.jpg
d0176157_23595467.jpg
d0176157_23595971.jpg
d0176157_00000786.jpg
d0176157_00001693.jpg
d0176157_00004388.jpg
d0176157_00005019.jpg
このポイントでは、5月31日には9時前から13時30分頃まで、6月1日には7時40分頃から11時15分頃まで蝶の行動をじっくり観察させてもらった。
なにしろ、この2日間で、この場所で人を見かけたのはたった3人。蝶の観察をしにきている人など皆無だ。静かに、本当にじっくりとみることができた。
どうもこのポイントで見かけたのは合計2個体。上流側から降りてくる個体と、下流から上ってくる個体である。
おもしろいことに朝と昼前で飛ぶコースが違う(下の絵の左のコースと右のコース)。どうも木陰の位置が関係しているようだ。よくよく見ると、ちょうど日向と木陰の境界付近を割と直線的に飛ぶようだ。比較的河川敷の低いところを川上、または川下の方向に飛びたがるようであまり土手を駆け上がるような飛び方はしない。従ってせっかく咲いているミヤマハタザオで吸蜜することはなかった。
下流から上ってくる個体は崖まで到達するとその周囲のスミレの幾つかを訪花し吸蜜すると再び下流へ向けて飛んで行き、下の崖の先で私の視界から消えるが、数分から十分もすると再び下流から上ってきて姿を現す。この繰り返しだ。
ただ、右コースを飛ぶのと左コースがを飛ぶのと時間帯で使い分けているようだが、コースが切り替わる間は、どこでどうしているのか、数十分姿を見せなくなる。午後1時30分あたりになると、河川敷全体が日向になり、そうなるといろいろ蝶は姿を見せなくなった。

このポイントでは、上流の個体と下流の個体の2個体がいると先に述べたが、スミレで先客のクモツキが吸蜜しているときは、別個体のクモツキはいったん近づくがすぐにあきらめたかのように別のスミレへ向かっているのが面白かった。争いごとを好まない個体だったのだろうか。

あと、初日は私は抹茶グリーンのシャツを着ていた際には蝶に避けられていたが、2日目にブルーのウィンドブレーカーを着ていたときには近くを飛び回るのはもちろんまとわりつくことすらあったのが面白かった。いくつかの蝶と同様、青系には反応するようだ。

クモマツマキチョウの飛翔コース
d0176157_23575073.png
それにしてもいい天気だった。そんな真っ青な空の下、モンシロチョウが滑空していた。
d0176157_00003681.jpg
ウラギンヒョウモンも。
d0176157_01210009.jpg
また、この沢の少し上流に、野生の落葉性ツツジのムラサキヤシオが咲いていた。今年の花は、やけに色が鮮やかな気がする。
d0176157_01135581.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-06-06 01:22 | | Trackback | Comments(10)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40
ハヤシ撮影できて良かった..
by なつ at 21:54
遅いコメですみません(;..
by なつ at 21:45
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 06:21
ハヤシミドリシジミ初見お..
by daron03x at 19:39
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:53
こんばんは。 1枚目い..
by なつ at 00:36
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:16
フジミドリ、お疲れさまで..
by なつ at 08:32

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

初見・ハヤシミドリシジミ〜7..
at 2016-07-04 23:32
シーズン終盤・奥高尾のオオミ..
at 2016-07-04 00:36
武蔵野のミドリシジミ〜6月5日
at 2016-06-15 00:35
今年は敗退のフジミドリシジミ..
at 2016-06-13 23:59
ウラゴマダラシジミ・多摩川ポ..
at 2016-06-05 22:19

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧