タグ:クジャクチョウ ( 4 ) タグの人気記事

GWの信州遠征2014〜後半-5月6日

5月5日は午前中には雨が降り出す予報だった。前日合流した蝶写のお友達とは、とりあえず前日とは別のポイントに向かった。さすがに天気は芳しくなく、蝶が現れることは期待できなかったが、とりあえず観察ポイントまで行ってみて、その場所に生えているヒメギフチョウの食草の確認をすることが、この日できる精一杯だった。
その蝶写で集まったお友達は解散。自分は残る1日に賭けることとなった。

最終日の5月6日、まずは5月4日にギフチョウの写真を撮った場所に移動した。しかしこの日は気温が低い。10時40分過ぎてもギフチョウが飛ぶことすら見られない。普通なら11時を回った辺りから訪花する時間帯になる。場所を移動し、カタクリの見られる場所に向かうことにした。
その場所についた頃、ようやく最初のギフチョウを目撃したが、その後も数は少なかった。
午後に入り、ようやくカタクリに蝶がやってくるようになった。
熱心に蜜を吸う蝶が現れ、ようやく撮影をすることができた。数等が代わる代わるカタクリの群生地に姿を現す。

ギフチョウ
d0176157_21033305.jpg
d0176157_21033809.jpg
この時点ではまだ、普通のギフチョウだと思って撮影していた。
そのうち、花の近くの落ち葉の上に蝶が止まった時......、あれ?気づかなかったけど尾状突起が黄色いな...。あれ?先っぽまで黄色いぞ。
ここで気づいた。先ほどから撮影していたのはイエローバンドだった。前翅の縁毛が擦れてしまっているのか、前翅の縁の黄色が目立たなかったため気づかなかったのだった。
d0176157_21232256.jpg
d0176157_21035014.jpg

ここからは大慌てだ。蝶を驚かせないようにしながらも、止まるまで追いかけて、止まったと同時にシャッターを切った。
ということで、今回も昨年に続き、イエローバンドに出会うことができた。
d0176157_21035525.jpg
下の写真は一番いいアングルだったのにピンぼけ。残念だ。
d0176157_21040079.jpg

今回も短い時間だったが堪能することができた。今年はカタクリもしおれているものが多かった。雪が少なめの年は早い時期に白馬に入った方が良さそうだ、今回はそれが分かっただけでも収穫である。
午後1時20分頃、いよいよこの旅の終わりが近づいてきた。宿に引き上げ、預けていた荷物を持って白馬駅に向かわなければ。
宿に向かっている途中、広場の草原では、越冬したクジャクチョウが2頭飛び回っていた。

クジャクチョウ
d0176157_21041871.jpg
天気はすっかり晴れて、前日の雨が嘘のよう。白馬の山々の白い姿が眩しい。

白馬三山(白馬鑓ケ岳・扚子岳・白馬岳)
d0176157_21040664.jpg
五竜岳
d0176157_21041325.jpg
帰りは、白馬から新宿まで直通の特急あずさ。信濃大町に到着する前に、大好きな爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳の山容を写真に残した。

爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
d0176157_22184719.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 22:31 | | Trackback | Comments(8)

7月の旅~現地入り

6月上旬にクモマツマキチョウ撮影チャレンジのための上高地遠征は全く成果なし。
落胆して帰宅して以来、地元の野川公園で若干の蝶を撮影したものの、成果少なし。
そのまま7月を迎えようという時期、突然体調を崩してしまった。
ようやく体調がほぼ元通りに戻ってきた7月末近くの7月26日、会社の連休に再び上高地入りした。目的はタカネキマダラセセリ。大雑把な場所と大雑把に7月ごろという程度の情報しかないのに、すっかり出会えるのを期待し訪れた。前日までは天気が悪かったそうだが、非常に天気はよさそうだ。正確なポイントがわからない以上多少歩き回る時間的余裕を稼ぐため、2泊3日で初日は河童橋付近、2日目はやや山に登ったところにある山小屋に泊まることにした。
目的のタカネキは2日以降にさがすことにして、まずは梓川流域を散策することにした。7月なのでまだオオイチモンジなどの高山蝶にも会えるかもしれない。
明神橋付近まで移動すると、イタドリやヒヨドリバナの花が咲いていた。
イタドリではヒメシジミが吸密していた。

ヒメシジミ
写真の♀は、♂にかなり求愛されていた。
d0176157_058593.jpg

一方、ヒヨドリバナにはいろいろな蝶が集まっていた。新鮮なクジャクチョウやコヒオドシが1頭づつ目を引いた。

クジャクチョウ
撮影した瞬間に飛び立ってしまい、こんな写真に・・・。
d0176157_0592451.jpg

コヒオドシ
新鮮な個体で、色が鮮やかだったが、翅をなかなか開いてくれなかった。
d0176157_0593166.jpg

d0176157_0594243.jpg

ヒメシジミ
ヒヨドリバナにもヒメシジミがきていた。かなり摺れてしまっている個体。
d0176157_10268.jpg

そのほかにも、コチャバネセセリやイチモンジセセリなども多くいた。ウラギンヒョウモンもヒヨドリバナに一瞬やってきたが、すぐに飛び立ってしまい残念ながら撮影はできなかった。
またドロノキの樹上はコムラサキなどがとんでいた。中にはオオイチモンジがいたかもしれないが逆光で確認できなかったのが残念だ。
ここからさらに徳澤方面へ移動した。途中でまたイタドリにヒメシジミが止まっていた。

ヒメシジミ
d0176157_101375.jpg

またコムラサキが集団で給水している場所があった。なかに1頭だけオオイチモンジの♂が混じっていたが結局撮影できたのはコムラサキのみだ。

コムラサキ
d0176157_101839.jpg

さらに徳澤に近い場所ではヒヨドリバナで吸密するアサギマダラを見た。

アサギマダラ
d0176157_102260.jpg

その近くに黒い蝶が。驚いたことにキベリタテハだ。みるからに越冬個体、ということは去年の秋に羽化した個体だ。ここでは珍しい蝶ではないが、越冬個体はこんな時期まで生き延びるものなのか?

キベリタテハ
d0176157_103610.jpg


徳沢で少々休憩し、ソフトクリームをいただいて河童橋まで戻る道をいそいだ。明日はこの旅の目的であるタカネキマダラセセリ観察だ。宿の夕食は美味だった。
by emu_nijuuhachi | 2012-07-26 21:00 | | Trackback | Comments(0)

信州一人たび~ 前半

5月1日から4泊5日で、毎年恒例の信州旅行に行ってまいりました。
いつもは白馬が先で、その後野尻湖を拠点に、黒姫高原、斑尾高原、戸隠などに行っていましたが、今回は順序を逆に、前半に野尻湖に行きました。

1日目、野尻湖について、さっそく斑尾へ向かいました。
お気に入りのカタクリスポットがあり、今年の様子を見てみると・・・咲いていました、カタクリ。ここはちょっとした群落を形成しています。
d0176157_2249181.jpg

ヒメギフチョウが来ないか期待したのですが、残念ながらほとんど蝶の姿を見ることのない一日となりました。

2日目、この日は蝶観察はお休み。地元の友人とドライブです。今回は志賀高原へドライブし、妙高高原の旧かんぽの宿で風呂に入り、そのご妙高高原駅近くで食事でした。
途中、友人の自宅に立ち寄った際、蝶がふらふらと飛んできて玄関脇にとまりました。さらに、ぴょこぴょこと親指よりも小さいようなアマガエルがでてきて。。。なんか妙な組み合わせの写真になった。
d0176157_22493270.jpg

しかし、普通に住宅地にクジャクチョウが飛ぶんですね。なんか山に出かけずとも会えること自体が不思議です。

3日目、午後に白馬へ移動の日。雨の予報。時間まではまたまた、斑尾のポイントへ。雨の予報にかかわらず青空だ。現地に着くと、さらにカタクリが増えている気がする。しばらく待つがやはり、ヒメギフは飛ばない。今年は時期がずれているのか?カタクリの咲き具合からして時期的にはストライクだと思ったのだけれど。。。もったいないので、またまたカタクリの写真を撮影した。
d0176157_22494065.jpg

見るとヤナギの仲間(?)のまわりをちらちらとシジミチョウの仲間が飛んでいる。よくみると何頭か飛んでいる。しかし、すぐ木の上のほうに上がってしまうので結局あまり撮影できない。一頭を目で追っていると、とまろうとした先に、やはり同じシジミチョウがいる。近寄ってみるとルリシジミが交尾していた。
d0176157_2249475.jpg

さらに黒いシジミが。直感的にコツバメだとはわかりましたが、こいつもすぐ木の上のほうに飛んで行ってしまいます。とりあえず、遠くから一応の証拠写真。
d0176157_22495333.jpg

ま、ブログに載せるほどの写真ではないのはわかってはいるのですが、何せネタがないもので。。。

この後、長野まで電車で移動、長野からバスで白馬へ・・・。
後半へ続く。
by emu_nijuuhachi | 2012-05-03 22:47 | | Trackback | Comments(2)

遠征・浅間山系 1 (2010/07) ~ミヤマシロチョウ・ミヤマモンキチョウ

前回の投稿からずいぶん間が空きました。折角見に来てくださっている皆様には申し訳なく思っています。
さて、信州に遠征してきました。とは行っても、登山と蝶目的で、浅間山系は初めてです。
とにかく今年ミヤマシロチョウ見るならきっとこの時期、とばかりに7/17~7/18で行ってまいりました。
まずは初日から。公共交通機関を乗り継ぎ、登山口まで。宿に顔を出し、チェックインも済ました後、早速目的の山へ向かいました。
まずはキャンプ場へ通じる道、道端の木に、早速蝶が舞います。
ヒメキマダラヒカゲ。
d0176157_013574.jpg

まもなくキャンプ場へ。キャンプ場の中を通過すると、そこは草原。色々な蝶が飛んでいました。
とりあえず撮影できたのはこれ。
イチモンジセセリです。最初は別のセセリと思ったのですが。。。
d0176157_0131533.jpg

d0176157_0132596.jpg
草原の先には湿原があります。湿原の左手の道をすすみます。少し登った後はしばらく平坦な道。道端にはいろいろな植物が生えていました。中には左の写真のようなベニバナイチヤクソウも。
樹林帯を抜けると目的の山と、隣の山の鞍部になります。そこから一気に登り高度を上げると、目的のヤマの稜線へ。稜線一帯は広い草原です。
早速ミヤマモンキチョウ(浅間山系亜種)が舞います。数頭飛んでいるのが見えます。
2年前に北アルプス亜種は見たのですが、浅間山系亜種は初めてです。この程度の標高で見られるのはとても不思議な感じがします。


d0176157_0145181.jpg

d0176157_015511.jpg

d0176157_0151257.jpg

d0176157_0152835.jpg
稜線を歩いていると、岩陰にコマクサが!群落を作っているわけでもなくポツンと2~3株ほどあります。標高2000mもないと思うのですが、植栽ですかね?


稜線は結構傾斜があるようだし、ガレ場ではあるのですが、意外と歩きやすい道でした。
また、稜線の道は開けていて、曇ってはいたのですが気持ちのよいものでした。
道端の木に大きなカメノコテントウがいるのを見つけました。
d0176157_0154618.jpg

また、マルバタケブキの花にはコチャバネセセリが旧蜜に来ています。
d0176157_015552.jpg

さて、稜線歩きでは頂上までは気持ちよく歩くことができました。
頂上に立ち寄り、また道を戻るのですが、頂上直下のあたりは、結構な数の蝶が飛んでいるので、しばらくその場をうろうろしてみました。
下はクロマメノキの花に吸蜜に来たミヤマモンキチョウ♀です。
ピンクの縁取りがきれいですね。
ミヤマモンキチョウはどうもなかなか1箇所に長時間とどまらない蝶のようで、近寄れるのですが、カメラを構えていると、すぐ他の花を探して飛んでいってしまいます。とりあえず近寄れた2つのショットです。
d0176157_0161993.jpg

d0176157_0163785.jpg

その頃になると、ミヤマシロチョウもちらほら見かけるようになりました。
ミヤマモンキチョウほど、「沢山」は飛んでいませんが、ここでは割と見られるようです。
ただこの日のミヤマシロチョウは、なかなかいい場所に止まってくれず、地面に止まったところを撮影。
d0176157_017137.jpg

白、黒、黄色、茶色の蝶が多い中に、赤い蝶が舞うととても艶やかに見えます。
稜線から少し降りた場所で見かけて、赤く艶やかなクジャクチョウです。
d0176157_01710100.jpg

d0176157_0171859.jpg
さて、今日は時間もないのでとりあえず、もと来た道をたどって戻りました。
途中、キャンプ場脇の草原に咲いていたアヤメを撮影しました。

この日は目的の蝶2種とも見られたのですが、特にミヤマシロチョウは今一の写真に終わりました。
翌日の撮影に期待したいと思います。

2日目へ続く。
by emu_nijuuhachi | 2010-07-21 00:19 | | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧