タグ:アカシジミ ( 4 ) タグの人気記事

今年は敗退のフジミドリシジミ・高尾山

5月末から週末毎に数回訪れた高尾山だったが、結局今年はフジミドリシジミの写真は1枚も撮れずじまいだった。まあ、そんな年もあるだろう。
待っているとフジミドリシジミも一瞬通り過ぎるのだが一向に撮影できる場所に来ない。その他の蝶や蛾は時折近くにやってくるのだが…。


アカシジミ
この子は綺麗だった。

d0176157_23413776.jpg



ムラサキシジミ
羽を開いてくれればよかったのだが、結局開かなかった。

d0176157_23415277.jpg



ルリシジミ♀
やっと来たか、と一瞬周囲の人たちも色めき立ったが、ルリシジミだった。ルリシジミだったが、綺麗な雌の個体だったので、周囲の人たちも結局のところシャッターを押しまくっていた。まあ、待ち人来らずで暇だったしね。

d0176157_23421515.jpg



メスグロヒョウモン♂
この子は、脚が不自由だったが、人懐っこく、人の手や頭や顔にやたらと止まるのだった。

d0176157_23414426.jpg



ヒオドシチョウ
こういう綺麗なヒオドシチョウはこの時期だからこそ見られる。

d0176157_2342911.jpg



ミスジチョウ
毎年このポイント周辺ではミスジチョウが飛び回る。

d0176157_23412438.jpg



テングチョウ
なかなか新鮮そうな個体。

d0176157_23422825.jpg



アゲハモドキ
蝶ではないのだが、これも面白いので撮影。触覚を見ると、やっぱり蛾。

d0176157_2342132.jpg

by emu_nijuuhachi | 2016-06-13 23:59 | | Trackback | Comments(2)

地元もゼフのシーズン(ちょっと遅いけど)〜2014年6月15日

もはや、6月なかば。今更ゼフのシーズンと言うのはあまりにも出遅れ過ぎの感は否めないが、6月は信州やら高尾山やら、しかも高山蝶やらラン科植物やらの観察で、まったく身近なゼフィルスを見に行く余裕などなかったわけだ。
もう、翅も痛んでいる頃だとは思ったのだが、地元、野川沿いの公園まで様子を見に行った。ここには平地性ゼフィルス(=ミドリシジミの仲間を代表とする樹上性シジミチョウの一群)が4種定着している。ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミだ。年によってはゼフィルス観察会などもボランティアが開催していることがある。
例年個体数も少なくないので、とっくに、ウラナミアカシジミやミズイロオナガシジミだって見られてもいいはずだが、今回は見ることができなかった。
ミドリシジミについては、オスのメタリックグリーンを拝みたかったところだがそれはかなわなかった。

アカシジミ
d0176157_23162991.jpg

ミドリシジミ(O型♀)
d0176157_23163445.jpg
ミドリシジミ(♀)
d0176157_23163869.jpg
ところで、今回、この場所にしては珍しい蝶に出会った。というか、本来ここにいるはずの無い蝶だ。とはいえ、数年前から隣の公園で発見されたという話は聞いていた。ホシミスジ。関東では山地性だそうで、通常は平地では見られない。ネットでいろいろ調べてみると、実はこの蝶2010年に、その隣の公園で初めて発見され、DNAの分析をしたところ、瀬戸内産と思われるとの結果が出たそうだ。
要するに、なんらかの原因でこの地に人為的に持ち込まれたというわけ。蝶を人が意図的に別の場所で放すケースもあるが、植木や鉢植えなどを移動した際に幼虫や卵がついていて一緒に移動してしまうケースも少なくないようだ。実際上記のミドリシジミ。この公園のものは本来別産地のもので、公園内にハンノキを植えるさいに、ハンノキの苗についていた卵や幼虫から繁殖したのではないかとの説も聞いたことがある。
ホシミスジの幼虫はユキヤナギを好んで食べる。この辺りの庭木にもユキヤナギは少なくないことから、周辺に広がる可能性は十分にあるのではないか。

ホシミスジ
d0176157_23171377.jpg
翅の裏の付けねに黒い斑点がみられる。これがホシミスジの「ホシ」の由来だ。
d0176157_23171865.jpg
相変わらず数が多いのがテングチョウ。

テングチョウ
d0176157_23185104.jpg
ちなみに黒に黄色の縞、ミドリの目のトンボを見かけました。トンボはやっぱり詳しくないのだけれど、下の写真は何トンボでしょう?
コオニヤンマってやつ?顔が映ってないのでますます分からない。
d0176157_23185727.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-06-18 00:10 | | Trackback | Comments(4)

野川公園でゼフィルスを探す(2013年6月9日)

6月はゼフィルスのシーズン。ゼフィルス4種を求めて、野川公園に再び訪れた。前回であえたゼフはウラナミアカシジミのみ。今回はなんとかミドリに会いたいとおもっていた。
しばらく歩き回ったがなかなか見つからず。
吸汁するキマダラセセリがいたので撮影した。

キマダラセセリ
d0176157_0434473.jpg

その後も歩き回っているうちに何頭かのミドリシジミに出会えた。しかしどういうわけか♀ばっかり。♂を見た方もいたようだが、自分は結局♀にしか会えずじまいだった。

ミドリシジミ♀
d0176157_0435061.jpg

ミドリシジミ♀
d0176157_0435783.jpg

この日はほかにもいくつかの蝶に出会った。

アカシジミ
d0176157_0441321.jpg

ウラギンシジミ♂
d0176157_0442531.jpg

トラフシジミ(夏型)
d0176157_0445783.jpg

ルリシジミ
d0176157_045667.jpg

ヨツスジハナカミキリ
d0176157_0452685.jpg

蝶だけではなく、鳥の鳴き声がやけに響く日だった。聞き覚えのある声。カワセミだった。

カワセミ♂
d0176157_0475634.jpg

カワセミ♂
d0176157_0454666.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-06-09 23:44 | 武蔵野 | Trackback | Comments(0)

遅く起きた日

せっかくの日曜日、前日の夜は「起きてみて元気があったら高尾にでも出かけよう」と思っていたが、いざ起きてみるとやけに眠い。高尾登山はやめた。昼過ぎまでごろごろ過ごした。こういう時間も貴重だ。14時半頃に外に出た。この時間から自然に触れるなら野川公園、自転車で向かった。
そろそろ、夏の虫たちにも出会えるシーズンだ。蝶ならゼフィルスの仲間が出始めるだろうし、夕刻ならゲンジボタルにも会えるかもしれない。とりあえず野川公園でゼフを探してみよう。
ついてみたら結構蝶が飛んでいる。ハンノキを眺めたがミドリシジミは見られなかった。イボタノキも花をつけている。残念ながら野川公園のイボタノキにはウラゴマダラシジミはいない。コナラの木に移動。オレンジ色がちらつく。アカシジミだ。あとで写真を撮ろう。視界の右にばたついているものが見えた。近寄ってみると、2頭のアカボシゴマダラに1頭の♂が割り込んで求愛をしているようだ。

アカボシゴマダラ
d0176157_2237745.jpg

しかし、アカボシゴマダラは増えすぎだ。あまりにも多い。同じ人為的な外来種でもこの付近ではホソオチョウは姿を消した。
さきほどオレンジのものが見えた場所に戻る。
いた、いた、アカシジミ。今年のゼフ初見はこのアカシジミとなった。

アカシジミ
d0176157_22371037.jpg

アカシジミは4頭ほど見かけただろうか。
この公園ではウマノスズクサが栽培されている。ウマノスズクサは近所では決して珍しい植物ではないのだが、わざわざ栽培されているのだ。以前はここにホソオチョウが付いていたそうだが、最近はジャコウアゲハがくる。草刈りなど、よく手入れされる場所では繁殖力のホソオチョウより、飛翔力のジャコウアゲハが有利なのではないか?イボタノキにジャコウアゲハが吸密に来ていた。

ジャコウアゲハ(♂)
d0176157_22371339.jpg

公園内は、蝶だけでなくいろいろな昆虫、野鳥、ヘビ、トカゲが見られる。とくにトカゲは多い。ニホンカナヘビはそんなトカゲの一つだ。

ニホンカナヘビ
d0176157_22371839.jpg

虫は多いので食事には困らないだろう。
再びイボタノキに目をやる。なにか小さな蝶が飛んだようだ。近づくと、自分の目の前を青緑の蝶が横切った。アオスジアゲハだ。イボタノキはいい蜜が出るのだろうか。

アオスジアゲハ
d0176157_22372156.jpg

さらに翅の色の薄いアゲハ蝶もやってきた。ジャコウアゲハの♀だ。

ジャコウアゲハ(♀)
d0176157_22372584.jpg

それにしても、先ほどイボタノキのあたりを飛んだ小さな蝶が気になる。なんだったのだろう?イボタノキでなにかが動いた。おそらくさっきの小さな蝶だ。あぁ、トラフシジミだ。まだここでも春型が生き残っていた。少々擦れて色は褪せてきている。

トラフシジミ
d0176157_22372948.jpg

他にもいくつかの蝶の姿は見たが、写真には納まらなかった。そのほかにきれいな昆虫が一つ。
アカスジキンカメムシ。木道に降りてしまってあわてているのか、かなりの勢いで歩いている。カメラのピントが結局合わず、ややぼけた写真になってしまった。カメムシもきれいな奴はきれいだ。アカスジキンカメムシもメタリックグリーンが美しい。

アカスジキンカメムシ
d0176157_22373420.jpg

今日は出かけたのも遅かったが、タイムリミットになってしまった。
期待していたミズイロオナガシジミには会えなかった。次に来るころには、ミズイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミ、ミドリシジミに会えることを期待しよう。
by emu_nijuuhachi | 2012-05-27 23:27 | Trackback | Comments(7)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

> daron03xさん..
by emu_nijuuhachi at 11:38
遅くなりましたが、当日は..
by daron03x at 23:18
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 12:50
山梨遠征お疲れさまでした..
by なつ at 23:22
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

クロシジミに会って見ませんん..
at 2017-07-13 00:47
半ドンのちミヤマカラスアゲハ..
at 2017-07-05 00:44
2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧