北信州のリュードルフィア(その2)〜2015年5月3日〜5月5日

白馬もリュードルフィアライン上にあり、ギフチョウとヒメギフチョウの混棲地になる。ご存知ない方に説明すると、ギフチョウとヒメギフチョウの生息地はほとんど重ならない。ギフチョウは西日本から中部や一部関東を中心に、ヒメギフチョウは中部から東北、北海道に分布する。生息地の境界線がリュードルフィアラインとよばれる。リュードルフィアとはギフチョウ、ヒメギフチョウの仲間の学名をカタカナ読みしたものだ。

北信州の東部ですでにギフチョウにも出会えたということもあり、白馬に移動してもあまり代わり映えしない写真になるのだが、白馬にはイエローバンドに会えるかもしれないという期待があった。
これも、ご存知ない人に説明すると、蝶には前翅も後翅も外側の縁には細かい毛が密集して生えているものなのだが、イエローバンドというのはギフチョウのこの外縁部の毛が全て黄色い個体についた通称だ。メンデルの法則でいう劣性遺伝なのだが、出現確率が非常に低い。ただ、白馬ではこのイエローバンドの出現確率が比較的高く、出会えるチャンスが他所に比べると高いというわけだ。

いろいろ歩き回ればイエローバンドにも会えたかもしれないのだが、おきまりのポイントでの待ち伏せに徹した。
結局今年はイエローバンドに出会うことはなかった。代わり映えのない写真と言えばそれまでなのだが、せっかくまだ綺麗な個体にも出会えたので掲載させていただくことにした。

ギフチョウ
d0176157_22222160.jpg
d0176157_22222204.jpg
大写しのギフチョウも載せてみる。

d0176157_22222192.jpg
少々ピントがぼけたが、裏がしっかり映った写真がなかったのでこちらも掲載。
d0176157_22222100.jpg

d0176157_22222169.jpg

こちらはカタクリの花びらが綺麗に映ったので。
d0176157_22222029.jpg

d0176157_22271765.jpg

せっかくの白馬村の風景も。桜咲く白馬村と白馬三山の景色。
d0176157_22222119.jpg

田んぼに映る、逆さ白馬三山。
d0176157_22222120.jpg

最後に、帰り道、高速バスで高速道路に入ってすぐに休憩場所になった梓川SAから眺める常念岳の夕景。これは自分の写真の腕では伝えられない美しさだった。
d0176157_22222188.jpg






# by emu_nijuuhachi | 2015-05-10 22:52 | | Trackback | Comments(6)

北信州のリュードルフィア(その1)〜2015年5月2日

北信州には何箇所かヒメギフチョウ、ギフチョウの生息地、そして混棲地として有名な場所が存在する。
北信州東部には、信濃町、飯山市、栄村にまたがる信越トレイルとよばれる自然歩道上には、黒岩山など混棲するが故、山全体が天然記念物にしていされている場所さえある。
そんな北信州東部の某所にヒメギフチョウを探しに出かけた。

今年は春になって気温が高くなったせいか、山の上の残雪が少ない。カタクリも見事に花を咲かせていた。
早い時間から気温が上がり現地に到着すると間もなく蝶が舞っているのが目に入った。

ヒメギフチョウ
d0176157_22573879.jpg

実は撮影していて、今年はギフチョウが多いのに気付いた。この場所ではここ数年で初めて見る。
下の写真も最初はギフチョウかと思った。後翅表外縁の斑紋列がオレンジ色だからだ。(若干薄めのオレンジではあるが。)
でもよく見るとその他の特徴はヒメギフチョウのものだった。
結局裏の色が透けているのか、オレンジに見えるのは気のせいなのか、よくわからないながらもヒメギフチョウだろうという自分の結論がでた。

ヒメギフチョウ
d0176157_23023782.jpg
後翅の外縁の斑紋の色は、裏の色が透けているだけかな…。

ヒメギフチョウ
d0176157_23023636.jpg
このヒメギフチョウは羽化不全か。羽が曲がっていてあまりうまく飛べないようだ。この日は他にも羽化不全を見かけた。少し多いのは訳でもあるのだろうか?

ヒメギフチョウ
d0176157_23023758.jpg


この近辺はヒメギフチョウとギフチョウが混生する場所があることは知っていたが、ここは自分はヒメギフチョウがほとんどだと思っていた。ところがこの日のこの場所はむしろギフチョウの方が見かける頻度が高かったように思う。近くの混生地ではギフチョウの勢力が拡大しているとは聞いたことがあったが、この場所については今年がたまたまギフチョウが多いのか、時期がずれたのか、ギフチョウの勢力が増しているのか、それはわからない。

ギフチョウ
d0176157_23023762.jpg

カタクリの群落を飛び回るギフチョウ
d0176157_23023616.jpg
カタクリにはルリシジミも惹かれるらしい。

ルリシジミ
d0176157_23023747.jpg
この翌日、北信州の西部である白馬村に移動する。


# by emu_nijuuhachi | 2015-05-09 23:57 | | Trackback | Comments(2)

野川の春のセセリチョウ〜2015年4月25日〜

国分寺から二子玉川までの住宅街の間を流れる野川。その野川の流域にはススキ野原のある場所がある。例年ここでギンイチモンジセセリやミヤマチャバネセセリを探している。
もう、木々は新緑で青々しているが、ススキ野原はまだ枯れ草色だ。
なかでも特異な存在がギンイチモンジセセリ。
膝より少し上ぐらいの高さをススキの間を縫うように飛ぶ。目を凝らして藪の中を歩き回ると所々明るい茶色と黒がチロチロとキラめくのが見える。今年は少し数も多いようだ。

ギンイチモンジセセリ
d0176157_22311463.jpg

あとはフィッシュアイレンズで撮影した写真をトリミング。
d0176157_22312537.jpg
d0176157_22312524.jpg
d0176157_22312564.jpg
d0176157_22313416.jpg
d0176157_22313465.jpg
お腹を曲げて止まっているギンイチモンジセセリがいたのだが、飛び去った後に白い小さな粒が残されていた。
d0176157_22313819.jpg

棲息する環境と発生時期が重なるミヤマチャバネセセリもいた。こちらはギンイチモンジセセリのような不器用な飛び方ではなく弾丸のように飛び回っていた。

ミヤマチャバネセセリ
d0176157_22314107.jpg

# by emu_nijuuhachi | 2015-04-27 23:01 | | Trackback | Comments(0)

ギフチョウ・2015年神奈川県北西部(その2)

春の神奈川県北西部のギフチョウ観察は年2回がいい。1回目は3月中に山の上の方に向かう。晴れてれば、複数のオスがぐるぐると飛び回り時々バトルを繰り広げる。今年のバトルは、前回「ギフチョウ・2015年神奈川県北西部(その1)」で見てきた。2回目は4月に入って、山沿いの里にも桜咲くころの山の麓である。ギフチョウが桜に集まってくる。運が良ければ産卵だって観察できる。
今年は4/12にその2回目の観察のため神奈川県北西部に向かった。
マメザクラが咲いていることを期待したのだが、残念ながら桜は今年は少し遅いようで、まだほとんど咲いていなかった。その代わり、ミツバツツジがかなりいい感じだった。今回はミツバツツジにくるギフチョウ三昧だった。

ギフチョウ
d0176157_23424889.jpg
d0176157_23424867.jpg
d0176157_23424830.jpg
d0176157_23424865.jpg
d0176157_23424890.jpg
d0176157_23432175.jpg
d0176157_23432150.jpg

ギフチョウ以外にも期待していた。この時期は、スギタニルリシジミやコツバメや、運が良ければトラフシジミ。今年はトラフは見られず、コツバメは見かけるものの、写真は撮れず。ただ、スギタニルリシジミは、数はそれほど多くなかったが確実に見ることができた。
スギタニルリシジミ
d0176157_23434122.jpg
d0176157_23424954.jpg
d0176157_23424877.jpg
d0176157_23432121.jpg

あとはこの周辺の花。蝶の観察ポイントの中には、チューリップに似たアマナも見られるし、イカリソウも咲いていた。

アマナ
d0176157_23424999.jpg

イカリソウ
d0176157_23424843.jpg

観察の地は公共交通が乏しく、長い道のりを歩くことにした。途中、退屈な道もあるが、なかなか良い眺めのポイントもあったりする。
d0176157_23432126.jpg
d0176157_23432174.jpg

# by emu_nijuuhachi | 2015-04-26 00:10 | | Trackback | Comments(2)

ギフチョウ・2015年神奈川県北西部(その1)

3月29日、例年の通り、神奈川県北西部へ。3月23日頃からインターネット接続が不調だったため、ようやくその写真をアップできる。
3月は、追いかけっこを見る楽しみと、飛翔写真をチャレンジをするのが目的。前日の土曜日は晴れたが、翌日は予報はあまり良くなかった。ところが朝起きると、地元では青空が広がっていたため、意を決して出発。
観察ポイントには9時頃到着、早速足元を通り過ぎた。
日が陰ったり、日が差したりが繰り返される天候。10時近くには観察ポイントに4頭ほどが絡みながら翔ぶようになった。11時30分頃には雲が厚くなってきたため、この日は2時間半程度の撮影でとっとと下山した。
しかし、飛翔写真は、もう何年も挑戦しているが、露出、距離感が未だ決まらず、なかなか上達しない。唯一上達したのは、昔は蝶がフレームに入る写真が5%程度だったのに対し、最近は30%〜50%程度になったことかな。
d0176157_00051934.jpg

d0176157_21533014.jpg
d0176157_21533050.jpg
d0176157_21533066.jpg
d0176157_21533131.jpg
d0176157_21534663.jpg
ピントはボケボケなのだが、3頭がフレームに入ったので証拠写真として入れておくことにした。
d0176157_21534636.jpg
d0176157_21534658.jpg
d0176157_21534710.jpg
d0176157_21534787.jpg
d0176157_21534724.jpg
d0176157_21541126.jpg
追いかけっこ中は本当に高速に飛ぶので1/1250程度のシャッタースピードでもぶれてしまう。かなり奇跡的に2頭が近づいた瞬間がフレームに入った。
d0176157_21541103.jpg
d0176157_21541189.jpg
2頭がくるくる回りながら絡み合っていた。1頭はレンズのすぐ前まで寄ってきた。
d0176157_21541143.jpg
d0176157_21541137.jpg

これは撮影ポイントに向かう途中に撮影したシュンラン。この花を探すのもギフチョウ観察の日の恒例イベントにしています。
d0176157_21563485.jpg


# by emu_nijuuhachi | 2015-04-19 22:24 | | Trackback | Comments(2)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 21:43
お久しぶりにお会いできお..
by なつ at 15:26
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40
ハヤシ撮影できて良かった..
by なつ at 21:54
遅いコメですみません(;..
by なつ at 21:45
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 06:21
ハヤシミドリシジミ初見お..
by daron03x at 19:39
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:53
こんばんは。 1枚目い..
by なつ at 00:36

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

2017年5月14日 久々の..
at 2017-05-15 23:48
初見・ハヤシミドリシジミ〜7..
at 2016-07-04 23:32
シーズン終盤・奥高尾のオオミ..
at 2016-07-04 00:36
武蔵野のミドリシジミ〜6月5日
at 2016-06-15 00:35
今年は敗退のフジミドリシジミ..
at 2016-06-13 23:59

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧