初・小下沢(2005)~サカハチチョウ他

2005年残暑の時期。
小下沢は植物、昆虫の観察地としてそこそこ有名らしいです。
2005年、ここも行っておかなきゃね、ということで初めて行ったのです。
紹介するのは2005/8/27、2005/9/3のことです。記憶があやふやですが、正確には8/27が「初」ではなかった気がします。実はその少し前に、林道を少し入ったところを引き返したときがあったはずです。
8/27は小下沢林道を旧キャンプ場まで入って、左手の沢(ザリクボ)を登って景信山に至るコースを行きました。

スタートは高尾駅。高尾から小仏行きのバスに乗り大下バス停へ、小仏沢沿いの旧甲州街道を下って行きます。
d0176157_843072.jpg
小仏沢の土手にはクズの花が咲き、オニグルミが実をつけていました。東京都とはいえ畑も多くのどかな風景です。
2分程度歩くと、道はまっすぐの道と、右手のレンガ造りの中央線ガードへ続く道に分かれます。まっすぐ進むと小下沢林道です。


d0176157_84383.jpg


小下沢林道に入ると、右手のフェンスの向こうは小高い丘になっており、梅林になっています。梅林の下草にではせわしくセセリチョウが飛んでいます。
ヒメキマダラセセリです。明るい色合いのセセリです。
d0176157_852911.jpg

少し先へ進むと、またセセリチョウ。今度はイチモンジセセリ。
d0176157_85392.jpg

d0176157_85484.jpg
さらに進むと、杉の植林地と広葉樹林が入り混じる林の下に道が続いていきます。林床の植生は豊かで、多くの植物を観察できる小下沢ですが、8月下旬ともなると秋の空気が漂っています。ミズヒキ(タデ科)の花を沢山見ました。


陽だまりで見かけたサカハチチョウです。
d0176157_86583.jpg

明るい場所に出ると、オニヤンマが翅を休めていました。
d0176157_8613100.jpg

また林の中の道に入り、しばらく行くとゲートがあり、さらに進むと広い場所に出ます。
ここは旧キャンプ場。作業小屋、広い原っぱがあり、先へ進むとまたゲート、右には北高尾山稜へ続く道、左がザリクボから景信山への登山道となっています。
この広場でヤマトシジミの写真を撮り、左のザリクボに取り付きます。
d0176157_862269.jpg

登山道は水がかなり流れており、小さい川の中を歩くような感じでした。
途中、林業用の作業道が多くつけられています。途中トラバースするように山を巻いて進むと、そのうち小仏から上がってくる景信登山道と合流します。あとは、急坂を登れば景信山。この当時の景信山は北側斜面はスギ(ヒノキだったかも)が植わっていて、山頂から北側の眺望はほとんどありませんでしたが、スギかヒノキの手前は草地になっていて、花が咲いています。いくつかの蝶が飛んでいました。
この日はここで、スジグロシロチョウを撮影。山の上で見るスジグロシロチョウはどこか清楚に見えます。
d0176157_863249.jpg

景信山でひと時休憩した後、小仏峠、城山、一丁平、高尾山へと尾根を歩くことにしました。
小仏の城山を越えると、後はなだらかな広々とした道が続きます。
途中で出会ったアカハナカミキリ。止まっているシシウドの花のしべがやや青みがかって見えます。
d0176157_864444.jpg

さらに、道脇のアザミには、キアゲハが吸蜜に来ています。
d0176157_8781.jpg

この日、名前を覚えたのがセンニンソウ。高尾は歩くたびに、花の名前を覚えられるのも楽しみの一つです。
こんな真っ白なキノコにも出会いました。いろいろ調べたんですが、多分シロオニタケの成菌です。違っていたら教えてください。
その後高尾山に立ち寄って下山しました。
d0176157_871878.jpg
d0176157_873155.jpg
# by emu_nijuuhachi | 2010-07-10 08:08 | | Trackback | Comments(0)

高尾の大物(2005)~オオムラサキ等

また、2005年の話。
2005年は蝶の観察を始めた年ですが、何度も足を運んで観察を楽しんだのが何と言っても高尾山のスミナガシでしょう。見ているとスミナガシはとても気が強い蝶で、テリトリーや吸蜜中に、近寄る蝶を追い掛け回した挙句、元の場所に戻ってくる。この繰り返しは見ていて楽しいものでした。
さて、2005/8/18のこと、Coolpix 5700を手に、この日は日影沢から高尾山頂を目指しました。
沢伝いに歩いていてまずであったのが、ミヤマカワトンボ。大きく羽ばたき、遠くから見ると蝶が飛んでいるようにも見えます。
d0176157_06083.jpg

高尾山に登る前に少々、日影沢林道の先まで歩きましょう。夏に沢沿いの林を歩いていると必ずのように出会うのが、このコミスジです。独特の飛び方が面白い蝶です。
d0176157_064185.jpg

日影沢林道を登っていくと、夏の太陽降り注ぐ道端に、交尾中のアオカナブンがいました。一般車両が入らないとはいえ、たまに、作業用の車が通る林道です。ひかれやしないかと心配になります。
d0176157_07112.jpg

Uターンして、林道を少しくだると、ウラギンシジミが同じ場所をうろうろと飛んでいます。何だろう?
よく見るとミミズの死骸が。ウラギンシジミはミミズから吸汁していたんですね。蝶は花に限らずいろいろな食事をするのです。
d0176157_071480.jpg

さて、いよいよ登山です。途中、話の中、やや薄暗い場所でアサギマダラに会いました。高尾はアサギマダラの繁殖地でもあります。やはり数は結構多いですね。
d0176157_073425.jpg

高尾山の頂上まで登り、そして観察ポイントへ。
まず会えたのがルリタテハ。もっともよく出会うタテハの仲間ですが、ブルーのラインがきれいです。
樹液に誘われてきたようです。
d0176157_07439.jpg

同じ木の別の場所を見ると、そこにはアカタテハとカナブンがいます。
みな、競って樹液を舐めています。
d0176157_075633.jpg

残念ながらスミナガシが見当たらないので、夕方またここに来ることにして、稜線を一丁平まで歩くことにしました。
一丁平につくと、なんだか不思議な光景が。キジバトが2羽、片方の翼を半開きにし、尾羽を扇状に広げて日を背にじっとしています。日向ぼっこでもしているのでしょうか?それとも、暑さよけでしょうか?
d0176157_08675.jpg

d0176157_081695.jpg
そろそろ高尾山に戻ることにしましょう。途中、立派なコオニユリが咲いていました。

高尾山の近くまで戻ると、アザミに不思議な虫が。触角がすごく長く、翅がなく、胴体はメタリックなグリーンに見えます。なんだろう??家帰ってネットでだいぶ調べた記憶があります。この虫、アシグロツユムシの幼虫だそうです。


d0176157_082443.jpg

観察ポイントに戻ってきました。
期待通りいました。スミナガシです。なかなか格好良い蝶です。
d0176157_083912.jpg

表はくすんだ色に見えますが、光や見る角度で青っぽく見えたり、虹色に見えたり不思議な色の蝶です。
何と言っても、眼が青く、口が赤い。日本には他にこんな蝶はいません。
d0176157_095588.jpg

スミナガシの観察を楽しんでいたら、羽音をさせながら飛んできた大きな蝶。
みたら、大きなオオムラサキです。こんなに間近でオオムラサキを見ることができるとは!
d0176157_010891.jpg

しかし大きいです。迫力があります。羽の色が茶色です。これはメスですね。
メスはオスのオオムラサキに比べてかなり大きく感じます。
d0176157_0101980.jpg

この日はスミナガシを見て楽しんで、オオムラサキを見て感動し、興奮さめぬまま下山することにしました。
帰りは、旧甲州街道方面に下りました。蛇滝口バス停のそばで、タイヤに止まるルリタテハを見つけました。なんか可笑しな組み合わせなので、シャッターをパチリ。
d0176157_010414.jpg

# by emu_nijuuhachi | 2010-07-09 00:13 | | Trackback | Comments(0)

奇蝶・リベンジ~キマダラルリツバメ

本日のお話。
7/1にかろうじて見られたキマルリですが、葉っぱから半分はみ出たところが見れた程度でした。
今年もそろそろ時期が終わりでしょうが、まだチャンスは残っていると重いもう一度見に行くことにしました。
現地に着くと、カメラ片手に周辺を歩いている人がいました。
7/1に撮影した場所に着くとまもなく、7/1にお会いした方とも再会。
しばらく飛ばなかったのですが、16時ごろに飛び始めました。数は少ないのですが…。
なかなか、よい場所には止まってくれなかったのですが、なんとか姿が見える場所に出てきてくれました。
ただ、あの小さな蝶を撮影するには少々遠く、500mmで撮影しても↓こんな感じです。
d0176157_21562243.jpg


でも、今回はデジスコをスタンバイしていました。樹上のシジミチョウを撮るときは、本当に威力を発揮してくれます。
d0176157_21553216.jpg

d0176157_2155515.jpg


今日は、7/1にお会いした方との再会や、以前石砂山でお会いした方と偶然の再会もあり、本日初めてお会いしたご夫婦には撮影後最寄り駅まで車で送っていただいたり、撮影場所の土地を所有されている方がお茶を差し入れてくださったり、うれしいこと、ありがたいことが沢山ありました。
皆さん、本当にありがとうございました。

※ブログだと縮小されてしまうので、トリミングしてややアップで。
d0176157_22303755.jpg

# by emu_nijuuhachi | 2010-07-04 22:01 | | Trackback | Comments(2)

花三昧2005と蝶(2)~クロヒカゲモドキなど

2005年夏、花三昧の2日目です。
今日は、八方尾根を登ります。
ゴンドラ、リフトを乗り継いでいきます。リフトに乗っていると、早速ベニヒカゲが足元を飛んでいます。
d0176157_7322982.jpg
リフトで一番上まで上ると、八方池山荘がある第一ケルンに着きます。ここはガスっていましたが、霧の向こうでウグイスが出迎えてくれました。


d0176157_7324456.jpg
遊歩道の両側はロープが張られていて、野草が咲き、蝶が舞います。
蝶が集まっているところがあります。ベニヒカゲにクロヒカゲ。
よく見ると…獣糞に集まってるのでした。もう少しきれいなものに止まってくれれば絵になるのですが…。


d0176157_733056.jpg
道端にはタカネマツムシソウ(マツムシソウ科)が沢山咲いています。タカネマツムシソウに吸蜜にくるベニヒカゲ。


d0176157_7331584.jpg
ここはウメバチソウ(ユキノシタ科)も多く咲いています。ウメバチソウにアリが蜜を舐めに来ています。


d0176157_7334844.jpg
名前の知らない花がたくさんあります。このハイキングをきっかけに高山植物図鑑も買いました。
クモマミミナグサ(ナデシコ科)。


d0176157_734762.jpg
こちらはハッポウタカネセンブリ(リンドウ科)。
(バックの葉っぱはクロマメノキかな?)


d0176157_7342211.jpg
シナノオトギリ(オトギリソウ科)。


d0176157_7344854.jpg
ミヤマママコナ(ゴマノハグサ科)。
第一ケルンから八方池まで歩く間にも沢山の名前の知らない花が咲いていました。以上5つの花はこのとき名前を知った花々です。


d0176157_735257.jpg
蝶も見かけたらパチパチとシャッターを押していました。
大ぶりのクロヒカゲがいたので撮影。と、ずっと信じていたのですが、ずいぶんしてから、よーくみると違いました。
クロヒカゲモドキ。


d0176157_7351627.jpg
八方池近く、第三ケルンあたりからは、白馬三山の東側斜面が臨めます。さらに、不帰嶮の荒々しい岩稜が見えてきます。
手前ののどかな風景と、奥の荒々しさのバランスが見事な景色です。

迷ったのですが、この日は唐松岳頂上小屋まで向かうことにしました。


d0176157_7363371.jpg
ここにはタンポポも咲いています。
ミヤマタンポポ(キク科)


d0176157_736049.jpg
湿地にはこんな花も。
イワイチョウ(ミツガシワ科)。


d0176157_7414358.jpg
この遊歩道沿いで一番目に付く蝶はベニヒカゲですが、ヒョウモンチョウも比較的多く見られます。
ヒョウモンチョウ。


d0176157_7415857.jpg
小さい白い花です。
ミヤマトウキ(セリ科)


d0176157_895252.jpg
ところどころ、ダケカンバの樹林帯を通って先を進みます。
ダケカンバの中にはかなりの大木もあります。
このコースは針葉樹林帯は少なく、ダケカンバの樹林帯が多かった印象があります。


d0176157_8112852.jpg
ウツボグサの仲間のタテヤマウツボグサ(シソ科)が所々でみられます。
地元の多摩地区でよく見かけるウツボグサより、房は小さく花数は少ないのですが、色鮮やかです。


d0176157_7431414.jpg
イワシモツケ(バラ科)。
蛇紋岩が多い高山でみられるそうです。岩の種類と植物の種類が関係しているというのも面白いですね。


d0176157_7433117.jpg
ミヤマイワニガナ(キク科)。
赤みがかった茎や葉、花の大きさの割りに細くて長い茎に目を惹かれました。茎や葉が赤いのは寒風に当たるせいでしょうか。


d0176157_743448.jpg
クルマユリ(ユリ科)。
八方尾根では特に多かったわけではありませんが、高原でこの花があると華やかに感じます。


d0176157_744125.jpg
マルバタケブキ(キク科)。
キク科の野草としては、背丈も花も大型です。ここではこの花に蝶が訪花しているのを見ませんでしたが、よく蝶が集まる花です。


d0176157_8132320.jpg
ヤマハハコ(キク科)。


d0176157_813384.jpg
シロバナハナニガナ(キク科)。
上の写真にもあるミヤマイワニガナと姿が似ていますが、こちらは白花。


d0176157_8135641.jpg
ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)。
この写真では花の数も少なく寂しげですね。群生すると見事ですが。


d0176157_8141194.jpg
休憩によさそうな雪渓が見えます。扇雪渓という名前だそうです。


d0176157_815191.jpg
まだまだ沢山の花が見られます。
ゴゼンタチバナ(ミズキ科)。秋には赤い実がつきます。


d0176157_8151755.jpg
チングルマ(バラ科)。
草のようですが木なのだそうです。


d0176157_8153521.jpg
ミヤマキンバイ(バラ科)。
砂礫地にもこんな鮮やかな花が咲きます。


d0176157_8155838.jpg
コイワカガミ(イワウメ科)。
イワカガミの仲間は下を向いて開くかわいい花です。


d0176157_8163223.jpg
タテヤマリンドウ(リンドウ科)。
初めて見たかも。。。


d0176157_8164950.jpg
エゾシオガマ(ゴマノハグサ科)。
ギザギザの葉っぱ、花の形が面白い。


d0176157_817327.jpg
少し、花の時期が過ぎていましたが、シャクナゲの花が咲いていました。ハイマツに混ざってシャクナゲの花が見られると、山に来たんだぁって実感がわきます。
ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)。


d0176157_8171835.jpg
ゴツゴツした岩をトラバースして、巻いていくように行くと唐松頂上小屋が不意に現れます。
水分をほとんど取らずにここまで来てしまいました。しっかり水分補充しました。


d0176157_817319.jpg
多かった雲も切れ、青空も見えてきました。唐松岳の頂上も見えていますが、今日は帰りの日。時間の関係もあり、ここで引き上げることにしました。


d0176157_8205089.jpg
頂上小屋から少し下ったところには、お花畑があり、ここにはコバイケイソウが群生しています。
コバイケイソウには小さい虫が沢山集まってきています。
写真の花にもクロハナカミキリらしき虫が写っています。
コバイケイソウ(ユリ科)。


d0176157_8174531.jpg
オヤマリンドウ(リンドウ科)。
残念ながら、つぼみでした。


d0176157_8203035.jpg
ウサギギク(キク科)。
山で比較的によく見るきれいなキクです。


d0176157_8213598.jpg
山の上のほうでは、なぜかあまり見られなかったのですが、標高が下がってくるとベニヒカゲの数がまた増えてきました。


d0176157_8215346.jpg
八方尾根のお花畑には色々な種類が一般に花を咲かせているような場所もあります。
オタカラコウ(キク科)、シモツケソウ(バラ科)、シロバナハナニガナ(キク科)、ニッコウキスゲ(ユリ科)など。


d0176157_8221099.jpg
シモツケソウ(バラ科)。
きれいな花です。


d0176157_8223997.jpg
ダケカンバ(カバノキ科)の大木です。


d0176157_8225811.jpg
写真では伝わりにくいのですが、とても大きなアザミがありました。花の直径は5cm近くあったと思います。
オニアザミ(キク科)。


d0176157_8241317.jpg
八方池まで下りてきました。人が多さとは対照的に小波一つ立たない佇まいです。
向こう岸の景色が水面に鏡のように映りこみます。


d0176157_8235856.jpg
池のほとりに下りると、サンショウウオの幼生が何匹かみられました。
クロサンショウウオ。


d0176157_8242513.jpg
いよいよハイキングも終わりが近づいてきました。
下には八方池山荘、その向こうには白馬村の景色が見えてきます。


d0176157_8244024.jpg
後を振り返ると、雲の下に隠れていた、白馬岳の頂上がわずかに顔を出してくれました。


下りのリフトを乗っていると、パラグライダーが見えました。気持ちよさそう~。
d0176157_8245336.jpg


無事下山し、この日のうちに東京まで帰りました。
花三昧はその名の通り、花が沢山見られ、多くの植物の名前を知った旅でした。
# by emu_nijuuhachi | 2010-07-04 11:09 | | Trackback | Comments(0)

花三昧2005と蝶(1)~ベニヒカゲ/ヒョウモンチョウ

2005年夏のこと。
ハイキングにも慣れてきて、遠出もしたい気持ちもあり、白馬Alps花三昧という企画を知ったことから白馬に行くことにしました。
2005/8/15、中央本線から大糸線直行の「あずさ」にのって白馬へ。
白馬につくのがちょうど昼食にいい時間。駅前で昼食をとり、どこに向かうか思案して、この日は五竜へ。
昼から雨が降り出しましたが、無理しない程度ぶらぶらとすることにしました。
タクシーで五竜のスキー場に移動し、ゴンドラ、リフトを乗り継ぐと、ちょっとした展望台につきます。
展望台周辺は遊歩道の周回道かつ五竜への登山道となっています。リフトの下は冬はゲレンデですが、夏は高山植物を中心とした植物園になっています。
雨もあがり、遊歩道や植物園あたりをぶらぶらと散歩しました。

結構数が多いのはベニヒカゲと、ヒョウモンチョウ。ヒョウモンチョウは羽化の後だいぶ時間がたったような感じがします。

雨に濡れたアザミとベニヒカゲ(かなりピンボケ)。
d0176157_21142290.jpg

クガイソウとヒョウモンチョウ。
d0176157_21143834.jpg

タテヤマウツボグサ。高尾などで見かけるウツボグサより房の高さが低く色が濃い。
d0176157_21145072.jpg

植物園に咲いていたコマクサ。当然、北アルプスでこんな標高では野生ではみることはできません。
d0176157_211517.jpg

この日はここまで。宿にチェックインしました。宿泊客は少なく、旅館に泊まっているのは自分ひとりだけらしい。
翌日は八方池までは行こう。登山らしい登山は20年していないが、元気があればもう少し先まで…。
# by emu_nijuuhachi | 2010-07-04 11:08 | | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 21:12
まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 21:43
お久しぶりにお会いできお..
by なつ at 15:26
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36
2017年6月最初の蝶は武蔵..
at 2017-06-03 21:46
2017年5月29日 多摩地..
at 2017-06-01 00:24

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧