<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たまには花をat高尾山〜2014年5月25日

蝶の他にも、山行で撮った写真やら、植物写真を載せるはずのこのブログ。訪問してくださるのが蝶好きの方が多いのもあり、いつのまにかほとんど蝶ばかりになっていたが、たまには花を載せよう。
まあ、本当はゼフィルス(樹上性のシジミチョウの一族)を探しに高尾山を訪問したのだが朝の2時間待ち伏せても姿をこの目にすることがなかったので、この時期に気になる花たちのポイントを訪問することに目的を変更したのだった。

ゼフ(ゼフィルスの俗の略称)を待ち伏せている間、視線の方向、手が届かないくらいの距離にトンボがとまってじっとこちらを見ていた。トンボは詳しくないので名前は分からない。ナントカサナエって名前だとは思うのだけれど。。。

名の知らぬトンボ
d0176157_21183592.jpg

この時期見て回るのはラン科植物。ラン科は単子葉植物の中で最も進化した種類だといわれている。姿、生態ともに実に変化に富んでいる。また、共生菌から栄養をもらったり、あえて葉緑素を捨て去ったり、木や岩に着生したり、不思議がいっぱいな植物の一群だ。
ラン意外もこの時期は花が面白い。

ホウノキ
ホウノキの花は本当にでかい。直径は大人の頭ぐらいあるのではないか。事実、日本の純国産の樹木の中で最も大きい花を咲かせるのは、このホウノキだ。
d0176157_21260937.jpg
イナモリソウ
決してどこでも見られるような花ではないが、毎年決まった場所で花を咲かせる。広葉樹林の林床でみられるので地味な存在だが、色合いや形状がなかなか可憐さをアピールしているではないか。
d0176157_21183594.jpg
d0176157_21251851.jpg
ジャケツイバラ
何年も高尾に通っていると、全く珍しいという感覚がなくなってしまい、目を向けることもいつしかなくなってしまうが、改めて見ると華やかで、梅雨の前の森を明るくする存在だということに気づく。
d0176157_21274667.jpg

さて、ここからが6月のラン。

ムヨウラン
葉っぱもない、花もあまり明るくないところに生える。どうやって増えるのか不思議な感じがする。蕾のうちは茎から蕾まで焦げ茶色で、薄暗い林床では全く目立たない。気づかずに通り過ぎてしまいそうになる。しかし花を咲かせると、他のランほどではないにしても、立派に自己主張をする。
花が咲いた頃にまた写真を撮りに行こう。
d0176157_21293740.jpg
ヨウラクラン
こちらもまだまだ蕾。花が咲いたところで直径1mm程度しかなく、木の上で木に着生して育つので、花の姿をじっくり観察するのは難しい。この写真は3mほど離れたところからの撮影だ。もっと近くで見られる場所もあるとかないとか。一度そんな場所を探してみよう。
d0176157_21183575.jpg
サイハイラン
比較的広い範囲で見られるけれども、花が薄茶色に見えるので背景の落ち葉の色にとけ込んで見落とすことも多い。しかしアップにすると下の写真の通り、立派な濃いピンクの混じった蘭の花なのである。

以前は人気がなかったが、最近、この植物の盗掘があるそうだ。ランというのは複雑で、この植物、もちろん自分でも光合成しているのだが、どうやら地中の共生菌から栄養をもらわないと長生きできないらしいのだそうだ。持ち帰ったところで栽培などできる代物ではない。自然のままにしておこう。
d0176157_21183591.jpg
d0176157_21183578.jpg
セッコク
まだ5月だが例年の見頃は6月。6月の高尾山の花の中で主役がこの花だろう。近くで見たければ高尾山のケーブルカーの清滝駅、高尾山駅で乗車前に近くの桜に着生しているのを見ることができる。元々は高尾山の杉に着生していた株を、杉が倒木になった際に移植したのだそうだ。
自然のセッコクが見たければ、近くであれば1号路の割と下の方でみられるが、下の写真は自然繁殖した6号路のセッコク。杉の枝という枝に着生して見事としか言いようがない。

花が小さく写っている写真はデジタル一眼レフに焦点距離500mmのレンズを装着して撮影したもの。花が大きく移っているのは焦点距離120mm相当のデジカメに30倍の望遠鏡を装着して撮影したもの。それぞれ3ヶ所の株を紹介する。
デジスコだと肉眼じゃ確認できないほど小さくみえる花がバッチリ撮影できてうれしい。
d0176157_21210137.jpg
d0176157_21183523.jpg
d0176157_21210160.jpg
d0176157_21183584.jpg
d0176157_21210136.jpg
d0176157_21183539.jpg



by emu_nijuuhachi | 2014-05-28 22:19 | 高尾山 | Trackback | Comments(8)

裏高尾もそろそろ夏も近づく〜2014年5月24日

本当なら遠征したい気分ではあったが、前の週に新幹線まで使っての遠征をしたばかりで、さすがに今週もというのは我ながら控えなければと思い、比較的近い裏高尾に出かけた。
前の週に蝶類保全協会の観察会が催されたとかで、かなりいろいろ観察できたようで結構期待して行ったわけだ。
特に見たかったのはアオバセセリ、運が良ければボロでもいいのでミヤマカラスアゲハや春型トラフシジミ、なぜか彼の地ではなかなか遭えないスミナガシに遭えればいいなぁと思っていた。
まあ、結論から言えばどれにも遭えなかった。
とは言え、クモガタヒョウモンをあちこちで見かけ、ある年はどうしちゃったんだろうと思っていたサカハチチョウもあきれるぐらいあちこちにいた。
遠征に行っている知り合いの皆さんはきっとクモマツマキチョウに遭っている頃だろうと思っていたが、裏高尾ではツマキチョウが産卵の時期を迎えていた。

サカハチチョウ(春型)
d0176157_00002566.jpg
ウスバシロチョウ
d0176157_00004060.jpg
アサギマダラ
d0176157_00031353.jpg
クモガタヒョウモン
d0176157_00035277.jpg
オナガアゲハ
d0176157_00041220.jpg
イチモンジチョウ
d0176157_00043011.jpg
ミスジチョウ
d0176157_00082371.jpg
コジャノメ
d0176157_00091709.jpg
ツマキチョウ♀(産卵)
カラシナかな?花の付け根に既に卵がついているようだ。
d0176157_00093469.jpg
オオバタネツケバナ
ツマキチョウの食草の一つ
d0176157_00095277.jpg
ツマキチョウの卵
上のオオバタネツケバナの写真の拡大
d0176157_00103144.jpg
蝶はここまで。ほかにもカラスアゲハ、モンキアゲハ、コミスジ、ヒメキマダラセセリ、ダイミョウセセリなども見かけた。
おまけで、花の写真も紹介。

ヤマボウシ
いつも通っているこの道の脇にこの木があるなんて気づかなかった。もう8年以上ここを行き来していたのに...。この木は赤くて甘い実がなるので気をつけて見てみよう。
d0176157_00110911.jpg
オドリコソウ
小仏側沿いの歩道脇に小さな群生地がある。
d0176157_00111581.jpg
目的の蝶に遭えなかったのは残念だったが、普通種ばかりとはいえ、まあまあ割と種類が多かったのは救いだった。





by emu_nijuuhachi | 2014-05-28 00:59 | | Trackback | Comments(2)

愛知県のミカドアゲハ〜2014年5月17日

東京から日帰りの強行軍でミカドアゲハを見に行った。公共交通機関のみを使うため、特にバスの時間に合わせるようにスケジュールを組み、約4時間の観察時間を確保した。
個体数は十分多いが、撮影チャンスは必ずしも多くない。高い木の上を飛んでいたり、たまに降りてきても、こちらをあざ笑うかのように飛び回った上でまた高く舞い上がる。
吸蜜にくる時間帯が午前から昼過ぎまでに数回おとずれるので、その時間帯が撮影のチャンスだ。

ミカドアゲハ
d0176157_01203768.jpg
d0176157_01240308.jpg

d0176157_01240371.jpg

d0176157_01240215.jpg

d0176157_01240213.jpg

d0176157_01240220.jpg


d0176157_01203894.jpg

d0176157_01203826.jpg

d0176157_01203830.jpg


ミカドアゲハとアオスジアゲハは似ていることになっているが実物を見るとずいぶん違う。ミカドアゲハはむしろ遠くで飛んでいるとアゲハチョウと間違えることが多い気がする。

アオスジアゲハ
d0176157_01203769.jpg

d0176157_01203791.jpg
このポイントはいろいろなアゲハの仲間が飛んでいる。
今回は撮影のチャンスを逃したが、モンキアゲハも飛んでいたし、クロアゲハと思われる蝶も見かけた。中でもナミアゲハ、つまりアゲハチョウは飛んでいる数が多い。

アゲハチョウ
d0176157_01203739.jpg
数年前までは東京で見ることも少なかったナガサキアゲハだが、確実に数は増えている。クロアゲハよりむしろ多く見かける場所もある気がする。

ナガサキアゲハ
d0176157_01240358.jpg
ツマグロヒョウモンは、今から秋までの間は、あらゆるところで出会う蝶だろうが、ミカドアゲハが吸蜜に降りてきてくれない間は、いい被写体になってくれた。

ツマグロヒョウモン
d0176157_01471679.jpg

日が燦々とさしているのに、田んぼがあるわけではないのにあちこちからカエルの鳴き声が聞こえてきた。姿を見るとニホンアマガエルだった。

ニホンアマガエル
d0176157_01203890.jpg



by emu_nijuuhachi | 2014-05-20 01:53 | | Trackback | Comments(8)

GWの信州遠征2014〜後半-5月6日

5月5日は午前中には雨が降り出す予報だった。前日合流した蝶写のお友達とは、とりあえず前日とは別のポイントに向かった。さすがに天気は芳しくなく、蝶が現れることは期待できなかったが、とりあえず観察ポイントまで行ってみて、その場所に生えているヒメギフチョウの食草の確認をすることが、この日できる精一杯だった。
その蝶写で集まったお友達は解散。自分は残る1日に賭けることとなった。

最終日の5月6日、まずは5月4日にギフチョウの写真を撮った場所に移動した。しかしこの日は気温が低い。10時40分過ぎてもギフチョウが飛ぶことすら見られない。普通なら11時を回った辺りから訪花する時間帯になる。場所を移動し、カタクリの見られる場所に向かうことにした。
その場所についた頃、ようやく最初のギフチョウを目撃したが、その後も数は少なかった。
午後に入り、ようやくカタクリに蝶がやってくるようになった。
熱心に蜜を吸う蝶が現れ、ようやく撮影をすることができた。数等が代わる代わるカタクリの群生地に姿を現す。

ギフチョウ
d0176157_21033305.jpg
d0176157_21033809.jpg
この時点ではまだ、普通のギフチョウだと思って撮影していた。
そのうち、花の近くの落ち葉の上に蝶が止まった時......、あれ?気づかなかったけど尾状突起が黄色いな...。あれ?先っぽまで黄色いぞ。
ここで気づいた。先ほどから撮影していたのはイエローバンドだった。前翅の縁毛が擦れてしまっているのか、前翅の縁の黄色が目立たなかったため気づかなかったのだった。
d0176157_21232256.jpg
d0176157_21035014.jpg

ここからは大慌てだ。蝶を驚かせないようにしながらも、止まるまで追いかけて、止まったと同時にシャッターを切った。
ということで、今回も昨年に続き、イエローバンドに出会うことができた。
d0176157_21035525.jpg
下の写真は一番いいアングルだったのにピンぼけ。残念だ。
d0176157_21040079.jpg

今回も短い時間だったが堪能することができた。今年はカタクリもしおれているものが多かった。雪が少なめの年は早い時期に白馬に入った方が良さそうだ、今回はそれが分かっただけでも収穫である。
午後1時20分頃、いよいよこの旅の終わりが近づいてきた。宿に引き上げ、預けていた荷物を持って白馬駅に向かわなければ。
宿に向かっている途中、広場の草原では、越冬したクジャクチョウが2頭飛び回っていた。

クジャクチョウ
d0176157_21041871.jpg
天気はすっかり晴れて、前日の雨が嘘のよう。白馬の山々の白い姿が眩しい。

白馬三山(白馬鑓ケ岳・扚子岳・白馬岳)
d0176157_21040664.jpg
五竜岳
d0176157_21041325.jpg
帰りは、白馬から新宿まで直通の特急あずさ。信濃大町に到着する前に、大好きな爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳の山容を写真に残した。

爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳
d0176157_22184719.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 22:31 | | Trackback | Comments(8)

GWの信州遠征2014〜前半-5月4日

毎年恒例のGWの北信州の旅。今年は5月3日から5月6日にかけて決行した。コースは毎年と同じ、野尻湖と白馬。今年はまず野尻湖で一泊、翌日白馬に移動して2泊の計画だ。白馬では5月5日に、蝶写の友人の なつ さんご夫妻、そして今回初対面になるkayoさんご夫妻と新海さんと合流予定だったが、直前の天気予報が芳しくなく、蝶撮影のできそうな前日5月4日の合流に計画変更となった。
野尻湖の近くの町に、十数年来の友人が住んでおり、毎年訪問させていただいている。今年も5月3日に訪問したところ、昼食、夕食と、地元で話題の食堂へ連れて行ってくれた。楽しい食事の後は野尻湖畔にある毎年お世話になっているホテルで一泊。

早朝、部屋から窓の外を眺めると、湖面は静かで、対岸の山を湖面に移していた。

野尻湖の景色(ホテルの部屋から)
d0176157_20512182.jpg
美しい景色を堪能するため、ホテルの庭についている散歩道に出てみた。

野尻湖と飯縄山(ホテルの庭から)
d0176157_20513924.jpg

野尻湖と黒姫山(ホテルの庭から)
d0176157_20514735.jpg

野尻湖畔の桜(ホテルの庭から)
d0176157_20515579.jpg
朝食を済ませ、白馬への移動時間を待っている間、窓の外を臨むと、先ほどの静かな湖面とは異なり、奇麗な波紋が湖面を揺らしていた。

野尻湖の湖面が波打つ(ホテルの部屋から)
d0176157_205232.jpg

ちなみに、ホテルの庭には、この時期たくさんのスミレの花が咲いている。ここのスミレの花はちょんまげをつけたような、ユーモラスな姿をしている。
ナガハシスミレ
d0176157_20521154.jpg
野尻湖から白馬までは当初、タクシーと公共交通機関を使う予定だったが、友人が好意で白馬まで連れて行ってくれるとのこと。
本当に有り難く、好意に甘えさせていただくことにした。
コースは、黒姫から戸隠を越え、鬼無里を経由して白馬に向かう峠道。
戸隠山の麓を巻いて峠を登り詰めたところに大望峠展望台というところがあった。目指す白馬方面、後立山連峰の山々を見渡すことができた。また、右手を見ると、間近に戸隠山の険しい山肌が迫ってくるようだ。

大望峠展望台
d0176157_20531963.jpg
後立山連峰(大望峠から)
d0176157_2053521.jpg
戸隠山(大望峠から)
d0176157_20531287.jpg
50km近いドライブの末、白馬到着。ここで、友人とは別れ、蝶写の友人との対面を果たした。
今回は自分が知っているギフチョウ観察ポイントを案内することも目的だった。しかし、天気はやや下り坂、日がやや陰ることが多くなっていたため少々不安なスタートだった。
最初のポイント、到着後間もなく2頭のギフチョウが現れた。が、その後、あまり姿を見ることはなく、自分はここでは撮影すことはなかった。昼過ぎには別ポイントへ移動、既に撮影しに当地にいらしている方もおられた。ここではなんとかギフチョウの撮影ができた。とりあえず今回の遠征での証拠写真は残せた形だ。

ギフチョウ
d0176157_21330971.jpg
14時半を回り、引き返そうとしていたとき、近くで止まっているモンシロチョウに絡むもう一頭のモンシロチョウ、交尾するかと思いきやふられて、♂と思われる蝶が飛び立っていった。よく見ると、♀の姿が妙だ。さらによく見ると、既に先客がいた。交尾を既にしていたのだ。

モンシロチョウ(交尾)
d0176157_20533391.jpg
本日の蝶写はここまで。遅い昼食を皆でいただいた。しっかり調理されたハンバーガー。廃車された海外のバスを改造した食堂でいただいた。しっかり調理されていて、ひき肉も粗挽き、ソースもスパイシーでとてもおいしいものだった。
その後、翌日の相談をしながら景色を眺めていると、なにやら不思議なものが...。見たことのない虹だ。
この日、日本の各地で同じような現象が観測されたそうだ。我々の見たのは、真上に現れた虹、正確には環天頂アークというらしい。東京などでは、環水平アークとよばれる真っすぐな虹が見られたそうだ。
この日は、上空に飛行機雲がよくできていたこともあり、五竜岳と環天頂アークと飛行機雲といって普段見られないようなコラボレーションが実現した。

五竜岳と環天頂アークそして飛行機雲
d0176157_20533830.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 21:06 | 信州 | Trackback | Comments(2)

裏高尾もそろそろアゲハが舞う時期かと思い…〜5月1日

5月になった。裏高尾の林道を歩けば、いろいろな蝶に出会えるチャンスがあるはずだ。
ウスバシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、アオバセセリ、アサギマダラ。もしかしたらモンキアゲハやらスミナガシにも会えるかもしれない。
期待感にあふれて、沢に行ってみたが...予想に反して花が少ない。こうなるとミヤマカラスアゲハやアオバセセリなどに会うのも難しい。
そのような中でも、いくつかの蝶や花に合うことができた。

毎年、確実にここで会えるのがウスバシロチョウ。高尾周辺ではかなり広い範囲で会える蝶。
知らない人はモンシロチョウなどの仲間と思われるかもしれないが、立派なアゲハチョウの仲間。幼虫はムラサキケマンなどを食べる。

ウスバシロチョウ
d0176157_10283218.jpg
d0176157_10283835.jpg
続いてサカハチチョウ。数年前、あまりにもサカハチチョウが少ないので心配したが、とりあえず会えたのでほっとした。
春型は赤い模様が鮮やかだ。知らない人がみると、夏型とは別種のように思われるかもしれない。夏型は黒い羽に白い太い帯状の模様が一本入る。

サカハチチョウ(春型)
d0176157_10293646.jpg
d0176157_10294276.jpg
ツマキチョウは、春先はモンシロチョウなどに混じって普通に見られる蝶だ。案外気づいてない人も多いのではないだろうか。
ごく普通の種類だが、前翅先端の黄色い模様と、後翅裏の模様のおかげで、魅力を感じる。

ツマキチョウ
d0176157_10294658.jpg
上のツマキチョウが吸蜜しているのはムラサキケマンだが、このムラサキケマン、紫と名が付きながら一部だけが紫で残りが白かったり(別名・シロヤブケマン)、全体が白かったり(別名・ユキヤブケマン)、株によって花の色が違う。この林道では意外に白い花が多いのに気づいた。

ムラサキケマン(紫)
d0176157_10301218.jpg
ムラサキケマン(シロヤブケマン)
d0176157_10301840.jpg
ムラサキケマン(ユキヤブケマン)
d0176157_1030758.jpg
ムラサキケマンににた花で高尾でよく見かける花にヤマエンゴサク、ジロボウエンゴサクがある。この林道で多く見られるのはジロボウエンゴサク。ムラサキケマンは葉っぱに細かい切れ込みが入るが、ジロボウエンゴサクは3裂にわかれた卵形の形状の葉となる。

ジロボウエンゴサク
d0176157_10302319.jpg
この時期でもスミレは何種類か見られる。

ケマルバスミレ
d0176157_1030406.jpg
ニョイスミレ
d0176157_10304558.jpg
驚いたことに2月の豪雪で積もった雪の解け残りと思われる残雪が林道の対岸の所々に見られた。それだけ、今年の雪はすごかったということは、そういえば倒木が沢にあふれていた。雪崩も相当起きたのではないか。

高尾で5月に残雪が…
d0176157_10414716.jpg
帰りは、別の林道の入り口付近にある民家の庭で咲いていたランの仲間2種を撮影させていただいた。
クマガイソウ
d0176157_10305048.jpg
エビネ
d0176157_10305571.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 20:43 | 高尾山 | Trackback | Comments(0)

武蔵野の春の花〜4月29日

GWに突入。GW後半は信州旅行の予定のため、少々早いかもと思いながら、地元、武蔵野固有の花を見に隣の市の自然公園に向かった。自転車で川沿いに進み、通りに出たら少し行けばその公園だ。
川沿いを進んでいたら、大勢のカメラマンが河川敷におりて、対岸にレンズを向けている。何かはすぐに分かった。
カワセミ
d0176157_939348.jpg
公園に着いたら、鮮やかな黄色い花にすぐに気づいた。この花も武蔵野では数を減らしているらしいが、この公園では保護がうまく行っているのか以前より数は増えているような気がする。
キンラン
d0176157_9391175.jpg
d0176157_9391724.jpg
d0176157_9392494.jpg
d0176157_9392964.jpg
ササバギンラン
ほとんど咲いている株がなかったが、帰り際に唯一見つけたササバギンラン。公園内には花はつけていないものの多くの株が生えているのを見ることができた。
d0176157_9394396.jpg
d0176157_9394843.jpg
ササバギンランは、ほとんどまだ咲いていなかったが、ギンランは所々に見ることができた。武蔵野では貴重になったこういった植物が、この自然公園ではまだまだ命を次の世代につないでいる。

ギンラン
d0176157_940524.jpg
d0176157_9401070.jpg
ムサシノキスゲ
今回の主役がこのムサシノキスゲ。まだまだ花は蕾が多く、咲いている個体は少なかったが、今年も鮮やかな彩りをこの公園に添えていた。ムサシノキスゲは武蔵野の固有種。今でも自生しているのはこの公園だけだそうだ。
d0176157_9402068.jpg
イチヤクソウ
イチヤクソウの蕾を見つけた。イチヤクソウはウメのような形をした花を下向きにつける。咲いているのを久しぶりに見てみたいものだ。
d0176157_9402691.jpg
目的にしていたムサシノキスゲを見ることができたので帰ることにした。
せっかく出かけてきたので、少し寄り道をして、先日撮影したギンイチモンジセセリのポイントに立ち寄った。
今回はフィッシュアイレンズを使って飛翔写真にチャレンジしてみた。もう少し寄って撮影しないとうまく行かないかな、といった感じだった。

ギンイチモンジセセリ

d0176157_9403425.jpg
d0176157_9403984.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-07 19:52 | 武蔵野 | Trackback | Comments(0)

午前は高尾山で植物観察、午後は地元河川流域でギンイチ〜4月26日AM〜

この日は、すでにブログにもアップした通り、午後は地元の川の流域でギンイチモンジセセリを探そうって考えていたので、短時間勝負で高尾に向かうことにした。地元の始発バスで出発、ところが高尾駅に着いて裏高尾方面へのバスは40分待ち。この時間がもったいないので、徒歩で裏高尾の林道の入り口に向かった。
少々距離はあるが、歩きなれた道なので、急ぎ足で現地へ足を運んだ。林道に到着するまでの何カ所かで花が咲いていないか確認しながら歩いたが、ずいぶん久しぶりにヒゴスミレに出会うことができた。
この日は林道で、そして、稜線へあがる登山道で、そして高尾の頂上近くでいくつかのスミレを観察できた。

高尾のスミレ
ヒゴスミレ
細かく切れ込んだ葉っぱが特徴。花は白。高尾周辺では比較的個体数が少ない。
d0176157_89486.jpg
ケマルバスミレ
高尾周辺ではよく見かける。葉っぱは丸いスペード状。表面に細かな産毛のような毛が生えている。花は白。
d0176157_891099.jpg
エイザンスミレ
細かく切れ込みが入る葉が特徴なのはヒゴスミレと同じだが、ヒゴスミレほど細かな切れ込みはない。花の色は個体差があり、白から淡い赤紫色。高尾周辺では比較的よく見かける。
d0176157_891829.jpg
ナガバノスミレサイシン
細長いスペード状の葉っぱ。花の色は個体差があり、白から淡い青紫色。高尾周辺でもわりとよく見かけるが、あまり日のあたらない場所に多いようだ。
d0176157_893911.jpg
アケボノスミレ
ピンクの鮮やかな花。花が咲く頃は葉っぱは丸まったまま広がりきっていない。
d0176157_894747.jpg
裏高尾の林縁の花
ミヤマハコベ
5枚の花弁の白い花。とても目立っていたので思わずシャッターを切った。
d0176157_895758.jpg
フタバアオイ
やや薄暗い、湿った沢沿いではよく見られるが、なぜか自分にとって気になる存在。
多くの人は三つ葉葵といえばなじみがあるだろうが、葵の御紋のモデルのこの植物、ついつい3枚の葉っぱがうまくならんでないかなぁって思わず探してしまう。
d0176157_810284.jpg
フタバアオイの花
花は目立たない。変わった形をしている。下を向いているので内側がどのようになっているのかとても気になる。
d0176157_810696.jpg
今回の主役
イカリソウ
今回これを見るために高尾に来たのだ。イカリソウ。高尾周辺では何カ所か自生地がある。その姿が特徴的で面白い花だ。今回は登山道から間近で見られる場所のうち、思いついた一番の近場の自生地に来てみた。
d0176157_8101580.jpg
やはり下から見てみたくなった。
d0176157_8102216.jpg


高尾主稜線の花
ニガイチゴ
キイチゴの仲間ではクサイチゴとニガイチゴの花がよく見られた。
d0176157_8102918.jpg

ジュウニヒトエ(蕾)
ジュウニヒトエはまだ花を咲かせていなかったが、今にも咲き出しそう。
d0176157_8103533.jpg
おまけ
主役のイカリソウにも会え無事に午前中に下山完了。急ぎのためケーブルカーを使ったが、降りてみたらケーブルカーの清滝駅前は何やらにぎやかだった。ゆるキャラのイベントだったようだ。高尾山公認のゆるキャラ、どちらもムササビがモデルらしいが、いわれるまで分からなかった。

ムッちゃん
d0176157_8105267.jpg
むさ尾
d0176157_8105764.jpg

by emu_nijuuhachi | 2014-05-06 20:30 | 高尾山 | Trackback | Comments(0)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

まだ綺麗なオオミドリシジ..
by daron03x at 23:10
>ヒメオオさん コメン..
by emu_nijuuhachi at 21:27
平地性ゼフの王者「ミドリ..
by himeoo27 at 15:32
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 20:59
先日は久しぶりにお会いし..
by daron03x at 00:24
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 21:43
お久しぶりにお会いできお..
by なつ at 15:26
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40
ハヤシ撮影できて良かった..
by なつ at 21:54

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

2017年6月11,17日〜..
at 2017-06-19 00:07
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-10 23:10
【昨年夏分の蔵出】2016年..
at 2017-06-07 00:36
2017年6月最初の蝶は武蔵..
at 2017-06-03 21:46
2017年5月29日 多摩地..
at 2017-06-01 00:24

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧