<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013GW前半の最後は裏高尾で

裏高尾は、自分にとって蝶も花も見ていて楽しいし、高尾周辺の山々への登山道もついていて飽きない場所だ。
今年は3月下旬以降、気温が高い日が多く、いろいろな花の開花が早い。例年ならば5/5以降に見に行くカヤランももしかしたら早いかもしれない、今回の動機はそこにあった。カヤランは杉の枝などに着生するランの仲間で、1センチにも満たない小さな黄色い花をつける。裏高尾で林道に入ると、頭上の杉などに着生するのを見つけることができる。
昼に林道近くのバス停に到着。林道近くの民家のお庭を見ると、エビネ、そしてクマガイソウが花盛りだった。
この民家は、地元にもともと咲いていた野草を庭で大切に保護、繁殖させている。季節季節の花がきれいだ。
クマガイソウは高尾山では絶滅したそうだ。エビネは植栽か自生かは分からないが見られる場所が僅かに残っている。

クマガイソウ
d0176157_2159768.jpg

エビネ
d0176157_21592065.jpg


林道を上を見上げながら進む。杉の枝に黄色いものが見えるかどうか注意深く探す。
杉の枝に引っかかっている枯葉の間に、小さい黄色の塊が見えた。さっそく30倍のフィールドスコープ(野鳥観察などに使う望遠鏡)を取り出して覗いてみる。しっかりランの姿が目に入った。
さて、カメラと三脚を取り出そう・・・、あ・・・・三脚忘れた。これはショックだ。フィールドスコープは30倍、カメラは35mm換算で105mの焦点距離。合わせると焦点距離は3000mmにもなる。重量はフィールドスコープだけで1kg以上だ。手振れなしで撮影できるのだろうか?絶望的だ。
仕方ないので、シャッタースピード1/125秒でf4.5での撮影。自分のカメラではノイズだらけにはなるがISO1600で撮影することにした。
それにしても3000mmの焦点距離は厳しい、方向が定まらない。フォーカスもあっているのか分からない。沢山写してなんとか、枠を捕らえたものが中にあったので一応アップしておく。三脚があれば、もっとシャッタースピード落とせたのに…。ちなみに、下の写真トリミング(被写体部分を切り抜くこと)なしだ。我ながらよく取れたなと感心してしまう。

カヤラン
d0176157_21592945.jpg


ちなみに、Canon EOS 6D(フルサイズ35mm センサ)を使い、300mmで撮影すると下のような写真になる。これもトリミングなし。

カヤラン
d0176157_22041100.jpg


さらに上の写真をトリミングすると。。。なんだ、意外と見れるな。さすが最近のデジカメの能力は高いな。
1cmに満たない花とはいえ、立派にランの姿をしている。登山している人の目にはほとんど触れることはない花だが、美しさを立派に主張した花だ。
d0176157_2204967.jpg


ランのほかにもタチツボスミレやシャガ、ラショウモンカズラなども咲いている。春とはいっても初夏の雰囲気も漂ってきている。

ラショウモンカズラ
d0176157_2205822.jpg


日が傾き始め、バス停に戻ったが次のバスまで50分も待たねばならなかった。せっかくなので途中まで歩いて帰ることにした。
途中、庭木にあまりにも立派なオオデマリの木が沢山の花を咲かせていたので記念に撮影した。

オオデマリ
d0176157_22562875.jpg


帰りは通り沿いの豆腐屋で、買い物をして、途中でバスにのり帰宅の途についた。
by emu_nijuuhachi | 2013-04-30 21:58 | 野草 | Trackback | Comments(3)

野川沿いの春の蝶~ギンイチモンジセセリは目撃するも・・・

野川沿いの春の蝶というと自分の中ではギンイチモンジセセリが頭に浮かぶ。しかし、ここ2年ほどなかなか目撃できずにいる。そろそろ、春型シーズンも終わりが近い。
ギンイチモンジセセリは春型と夏型では色が大きく違う。夏型に比べ春型は一文字が白くくっきり表れる。実は27日も歩いたが結局目撃できずにいた。ススキ原をうろうろと歩くと、意外と多く見られたのがミヤマチャバネセセリだ。ギンイチモンジセセリとは生息環境が一致する。

ミヤマチャバネセセリ
d0176157_21195023.jpg


他にはモンキチョウ、キタキチョウ、ウラナミヒメジャノメ、キタテハ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、イチモンジセセリなどなど、そこそこの種類の蝶はいるのだが、なかかなギンイチモンジセセリがいない。

ベニシジミ
d0176157_211945100.jpg


うろうろ歩いているうち、やっと目の前に、小さく黒くひらめく影が目に入った。花に止まった姿をみると、やはりギンイチモンジセセリだった。あわててカメラを出しているうち、次の花へ、さらに枯草に止まったかと思うと、藪の中へ、結局姿を見失った。そのまま、2度と姿を見ることはなかった。残念…。
一応、3年前に同じ場所で撮影したギンイチモンジセセリをアップしておこう。
d0176157_21195433.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-04-29 21:13 | | Trackback | Comments(0)

武蔵野の稀少な花~ムサシノキスゲ

ゴールデンウィークに突入。
自転車で府中市の浅間山公園に出かけた。隣には多磨霊園、その他は街道や住宅地に囲まれた、街中の自然公園だ。
ここでは、4月末から5月頭にかけて、ある稀少な花が咲くことで知られる。ムサシノキスゲ、ユリ科の黄色い花だ。ニッコウキスゲに近い種類なのだそうだ。かつてはこの周辺でよく見られたそうだが、今では、この浅間山公園のみで自生する花だ。また、この時期、この公園内のいたるところにキンランやササバギンランといった野生のランが花をさかせる。
キンランは数も多く黄色が鮮やかだ。

キンラン
d0176157_20383667.jpg


ユリの仲間のホウチャクソウ。花は薄黄緑色で大きくは開かない。地味な花だ。下の写真はまだつぼみだが、開いてもあまり印象は変わらない。

ホウチャクソウ
d0176157_20384062.jpg


ウツギがもう咲いていた。ウツギは蝶がよく集まる花だ。この日はアゲハが蜜を吸いに来ていた。

アゲハとウツギ
d0176157_20384497.jpg


今日の主役ムサシノキスゲ。華やかで、園芸種にも引けを取らない。

ムサシノキスゲ
d0176157_20384979.jpg


キンランと同じ時期に咲くのが、このササバギンラン。花は大きくは開かない。華やかさではキンランには負けるかもしれないが、奥ゆかしい姿には魅力がある。このササバギンランはここ数年で数が減っている気がする。
ササバギンラン
d0176157_20385535.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-04-27 20:38 | Trackback | Comments(0)

早春の花~野川公園

蝶ネタがあまりにもないので、4月の野草観察です。
4/9に休暇を頂いた日、私用の合間に自転車で15分ほどの野川公園へ。
この時期は何が咲いているだろう。巷では桜がほぼ終わり、この時期はそういえばイカリソウなどがさいているなぁ。。。などと考えながら自転車をこいで野川公園到着。自然観察園の中に入って林床を覗きながら木道をあるいた。
オドリコソウが咲いていた。ヒメオドリコソウは花が目立たないが、オドリコソウは花がよく目立つ。面白い形をした花だ。

オドリコソウ
d0176157_0165255.jpg


ニリンソウも咲いていた。上高地などはニリンソウで有名だが、武蔵野でも沢伝いの雑木林の下ではニリンソウはよく見られる。

ニリンソウ
d0176157_0165596.jpg


お目当てのイカリソウも。

イカリソウ
d0176157_0165740.jpg


春にいち早く咲く花の一つでもあるヒトリシズカもまだ残っていた。

ヒトリシズカ
d0176157_017012.jpg


イチリンソウはニリンソウよりも華やか。自然の中ではニリンソウが大きな群落を形成するのに対して、イチリンソウはあまり群落は作らない。花はイチリンソウに比べてニリンソウは華やかだ。

イチリンソウ
d0176157_017210.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-04-09 20:15 | 野草 | Trackback | Comments(0)

2013年の蝶シーズンの始まり~相模原市~

4/6にメールが着信した。数年前、蝶の写真の撮影中に知り合った方からのメールだった。3/30に自分も行ったものの、蝶の1頭も見られなかったその場所に明日行こうと思うとのことだった。
4/7朝、起きてみると天気は回復しそうな雲の間の晴れ間、自分の彼の地に赴くことにした。
神奈川県の人たちを中心に、この時期にこの場所にある蝶の撮影に人が集まってくる。ギフチョウ。かつては高尾山周辺にも生息していたそうだが1990年代に高尾山では絶滅した。今回の場所は現在では、太平洋側の最東端と言われる産地で、相模湖からほど近い農村と里山だ。
到着してみると顔見知りの方々も、すでにカメラを構えていた。

しばらく、周辺を歩いてみると、飛んでいる。ギフチョウだ。シーズンが始まったんだなと実感する。
しかし、これがなかなか止まってくれない。花に蜜を吸いに来る時間帯になるまでが辛抱だ。
周辺をぶらぶらしながら時間をつぶす。
そんな時に目の前に現れたのがコツバメ。とても小さなシジミチョウの仲間。こげ茶色のシブい裏側だが表の青い金属光沢はちらちら見えるときはとてもきれいだ。

コツバメ
d0176157_13523881.jpg


ぶらぶらしていて、目に入った花があった。道のわきにポツポツと咲いている。これまで何年もこの地は通っていたが全然気づかなかった。前から見たいと思っていた野草だ。アマナ。球根が甘いのだそうだ。チューリップに近い仲間と言われ、野生のチューリップといわれていた。かつてはユリ科チューリップ属に分類されていたが、今はユリ科アマナ属という新しい分類に入るのだそうだ。

アマナ
d0176157_13524568.jpg


11時近くなっても、ギフチョウはなかなかじっと吸密してくれない。仕方がないのでギフチョウが飛び回りそうな里山の中腹まで登ることにした。杉の植林地を抜けると小高いピークが見える場所に出てきた。ここで飛び回るギフチョウの飛翔写真をとれればいいなと思っていたが、それはかなわず、地面に止まったところを撮影するのがせいぜいだった。

ギフチョウ
d0176157_146194.jpg


しばらく、ギフチョウが飛び回っているのを眺めて、また下山した。しばらくすると、蝶がいよいよ花によって着始めた。いままで、この場所で花に来る蝶を撮影したことがなかったが、今回は少々遠目ではあったが撮影できたのがうれしい。

ギフチョウとアセビ
d0176157_1435698.jpg


ギフチョウとミツバツツジ
d0176157_14433.jpg


飛翔の撮影はできなかったが、蝶好きの方々とおしゃべりができて楽しい時間だった。
帰りは、前日自分にメールを送ってくださったご夫婦が、ご親切にも電車の駅まで送ってくださった。
本当に助かりました。ありがとうございました。
by emu_nijuuhachi | 2013-04-07 23:55 | | Trackback | Comments(5)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40
ハヤシ撮影できて良かった..
by なつ at 21:54
遅いコメですみません(;..
by なつ at 21:45
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 06:21
ハヤシミドリシジミ初見お..
by daron03x at 19:39
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:53
こんばんは。 1枚目い..
by なつ at 00:36
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:16
フジミドリ、お疲れさまで..
by なつ at 08:32

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

フォロー中のブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

初見・ハヤシミドリシジミ〜7..
at 2016-07-04 23:32
シーズン終盤・奥高尾のオオミ..
at 2016-07-04 00:36
武蔵野のミドリシジミ〜6月5日
at 2016-06-15 00:35
今年は敗退のフジミドリシジミ..
at 2016-06-13 23:59
ウラゴマダラシジミ・多摩川ポ..
at 2016-06-05 22:19

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧