カテゴリ:未分類( 14 )

ウラゴマダラシジミ・多摩川ポイント2回訪問〜2016年5月14日,28日

ウラゴマダラシジミのシーズンも過ぎた2015年6月28日その場所を訪れた。
昨年までの数年は多摩丘陵の公園を歩いたりしたが、なかなか会うことがなかったウラゴマダラシジミ。最近は多摩川流域でよく見られる場所があると聞いて訪れた。正確な場所は分からなかったが、地図とにらめっこして狙いを定めたその場所には非常にたくさんのイボタノキが生えていて条件は申し分ない。
そして今年、改めて訪れてみた。イボタノキは花盛り。
色々蝶は飛ぶのだが、いっこうにウラゴマダラシジミの姿が見えない。これはどういうことだ。。。
日が傾いた午後4時ごろ、突然目の前を青白い蝶が飛び始めた。おそらくウラゴマダラシジミ。ところが、近くに止まらない。結局この日は目的の蝶はカメラに収まらなかった。


キタテハ
d0176157_229188.jpg



コムラサキ
d0176157_229246.jpg



イチモンジチョウ
d0176157_2292954.jpg



ダイミョウセセリ
d0176157_2293575.jpg




本当は翌週も訪れたいところだったが、上高地旅行を決めていたので、ここで2週間空くことになる。
5月28日、午後15時30分も回った頃、かの地に到着。一歩足を踏み入れて驚いた。目的のウラゴマダラシジミがあちこちで飛んでいるのだ。ただ、翅はどれも痛んでいた。それでも久しぶりに見る蝶だったので、十分満足のいくものだった。また、来年の収穫に期待を持てる結果となった。


ウラゴマダラシジミ
d0176157_22165728.jpg

d0176157_22165425.jpg

d0176157_22165094.jpg

d0176157_22154584.jpg

by emu_nijuuhachi | 2016-06-05 22:19 | Trackback | Comments(2)

2016年GW最終日、5月8日は裏高尾へ

この時期の裏高尾は色々な生き物でいっぱいである。
トンボであればムカシトンボ。今回は欲張りすぎず、ムカシトンボはスルー。

とにかく色々蝶と花を探してみることにした。
期待したのは、ウスバシロチョウ、アオバセセリ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハ、アサギマダラ、トラフシジミなど。
しかし、今回はアゲハの仲間がとても少なく、ミヤマカラスアゲハは姿を見ることもなかった。アサギマダラも見かけなかった。
花は、カヤランにヨウラクラン。ヨウラクランは平年ならまだまだのはずだが、すでにブログですでに見かけたので半信半疑ながらも探すことにした。また、蝶の吸蜜源のウツギは残っているだろうか。

アゲハ類、アサギマダラには結果的にはふられたけれども、その他には色々出会えた。とはいえ、今年は平年より季節が早く通り過ぎているのを強く感じた。

アオバセセリ
d0176157_113040.jpg

d0176157_153376.jpg



ウスバシロチョウ
d0176157_151994.jpg

d0176157_151671.jpg

d0176157_152455.jpg



オナガアゲハ
d0176157_152885.jpg



アオスジアゲハ
d0176157_113547.jpg



そうそう、どういうわけかサカハチチョウがなんだかウジャウジャといた。文字通りウジャウジャだった。


サカハチチョウ
d0176157_114591.jpg



ミヤマセセリ♀
d0176157_15694.jpg



ルリタテハ
d0176157_151130.jpg



さてここからは花たち。
カヤランは最近、見かける数が減ってきている気がする。探すのが下手になったのかな。
見つけたには見つけたのだが花はしおれていた。平年であればちょうどいい季節のはずなのだが。。。。


カヤラン
d0176157_153756.jpg



ヨウラクランはやっぱり咲いていた。平年であれば5月末か6月初頭、というイメージなのだが…。
とにかくこの花、小さすぎて肉眼では咲いているのかすらわかりにくい。マクロで超近接撮影してみて確認してようやく花が咲いていることが確認できるという有様だ。


ヨウラクラン
d0176157_154260.jpg

d0176157_115656.jpg

by emu_nijuuhachi | 2016-05-13 01:26 | Trackback | Comments(6)

いまはfbcebookが見れない北京にいますが…

誕生日のお祝いくださった方々、ありがとうございました。
メッセージの投稿がfbcebookからメール着信したので返信の方法としてブログを使ってみました。

by emu_nijuuhachi | 2015-07-22 00:43 | Trackback | Comments(0)

信州日帰りでシジミチョウ〜2015年5月23日

前週の富士五湖では期待の収穫がなくて、少々残念感が残っていた。5月22日に仕事から帰って、なにか前週のリベンジをしたかった。思いついたのがオオルリシジミだった。
以前から比較的行きやすい場所で繁殖させていると聞いていたので、その夜にネットで列車の切符をとり、日帰り旅行で出かけたのであった。
まあ、行きやすい場所とはいえ信州である。夕食は家で、と決めていたので、それはかなり慌しいスケジュールになった。
最寄駅に着き、タクシーで目的地に向かった。

観察ポイントはすぐにわかった。その場所に着くと、すぐに目に付いた。思った以上に沢山いる。ここでも蝶の発生は少し早かったようで、ほとんどの個体が擦れてはいるが、数だけはなかなかのものだった。

オオルリシジミ
d0176157_01234583.jpg
d0176157_01234546.jpg
d0176157_01234598.jpg
d0176157_01242525.jpg
d0176157_01241900.jpg
d0176157_01243024.jpg
d0176157_01240138.jpg
d0176157_01240162.jpg
d0176157_01241884.jpg
d0176157_01241923.jpg
d0176157_01241988.jpg
d0176157_01241927.jpg
d0176157_01241901.jpg
d0176157_01234585.jpg

この日最も沢山見たのがオオルリシジミであったが、そのほかの蝶にもいくらか出会った。

ツバメシジミ
d0176157_01240268.jpg

ベニシジミ
d0176157_01240144.jpg
キアゲハ
このキアゲハ、なかなか綺麗な個体だった。
d0176157_01240164.jpg
観察ポイントからは、好きな山の景色が素晴らしかった。
d0176157_01240289.jpg

by emu_nijuuhachi | 2015-06-07 01:39 | Trackback | Comments(4)

富士五湖周辺へ〜2015年5月17日

富士五湖周辺には5/17に赴いた。
2011年の5/14にヒメシロチョウを多数見た場所だったが、今年は色々な人のブログを見ると蝶の発生が早いようで、今年は難しいかもしれない。
訪れてみると、やはり、4年前に比べて緑が濃い印象だった。
ということで今回はヒメシロチョウらしき蝶が全くいなかったわけではないのだが、ちゃんとは出会えなかった。とはいうものの、ちょっとしたハイキングを楽しんだのだった。


ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウがある場所で数頭ぐるぐる飛び廻っているのだが、ケマンソウが見当たらず、目立った花が咲いているわけでもないのでなんだか不思議だった。しかも何かに止まることなく飛び続けているのだった。
最初は止まったら撮影しようと思っていたのだが、しびれを切らして仕方ないので飛翔写真に挑戦した。
d0176157_23065034.jpg
キアゲハ
とある山のピークに立つと、キアゲハが飛び回っていた。とても綺麗な個体だった。
d0176157_23041051.jpg
ヒオドシチョウ
越冬したのだろう、羽化してもうじき1年になるのかもしれない。翅はぼろぼろだったが、赤い飛び姿は目を引いた。
d0176157_23041030.jpg
スジボソヤマキチョウ
こちらもぼろぼろ、春になると、こうした越冬個体に出会うことが多い。
d0176157_23041019.jpg
この日は蝶の撮影はこの程度。

ニワハンミョウ
緑色のハンミョウがかなりたくさん飛んでいた。歩くと足元から飛び立つのが面白い。
d0176157_23041049.jpg
この日は気温が上がり、早くも蝉の声が聞こえてきた。
ヨーキン♪ヨーキン♪ケケケケケ…、という鳴き声、エゾハルゼミだな、あれは。
あとは植物観察。

フデリンドウ
思ったほど咲いていなかった。やはり時期が遅かったのか??2011年は、この花にヒメシロチョウが頭を突っ込んで蜜を吸っている姿がとても面白く思った。
d0176157_23041066.jpg
ズミ
上高地のコナシと同じもの、だと思う。ズミが登山道沿いにたくさん咲いており心地よかった。
d0176157_23040910.jpg
カントウタンポポ?
おそらくカントウタンポポだとは思うが確証が持てない。花の色はかなり白っぽい個体だった。
d0176157_23074414.jpg
エゾノタチツボスミレ?
スミレは種類が多くて面白いのだが、とにかく自分には種類がなかなか同定できない。
d0176157_23041071.jpg
マムシグサ
森の中で緑色のこのサトイモ科植物に出会った。
d0176157_23040922.jpg
最後に山中湖に立ち寄り、本物のスワンと偽物のスワンが並ぶちょっと面白い景色に出会った。
d0176157_23040951.jpg

by emu_nijuuhachi | 2015-06-07 00:10 | Trackback | Comments(2)

2014年夏以降の蝶4(秋と2015早春・北アルプスと武蔵野)

まずは、9/13〜9/15の北アルプスの真っ只中。山にも少し登った。本当の目的はキベリタテハだったが、やや気温が低く、日が射さなかったせいか、全く飛ばなかった。ただ、秋はアサギマダラを見るチャンスが増える。

アサギマダラ
d0176157_01072847.jpg
山登りは1日のみ。さっと登って、さっと下ろうということだったが、途中の展望台で眺める景色はまた絶景。
d0176157_01073347.jpg

9/21は自宅から高尾近郊に向かった。まず家を出てすぐ出会ったのがアカボシゴマダラ。高尾の目的地に移動してからはテングチョウ、ウラギンヒョウモンとの出会い。カラスアゲハはボロボロになっていた。もう夏型のカラスも終わりのシーズン。なぜか至る所でハンミョウが飛んでいた。
アカボシゴマダラ
d0176157_01074949.jpg
高尾方面に移動。
テングチョウ
d0176157_01080109.jpg
ウラギンシジミ
d0176157_01081665.jpg
カラスアゲハ
d0176157_01082263.jpg
ハンミョウ
d0176157_01080694.jpg

10/18は自宅に比較的近くを流れる川のやや上流にある公園。ここは、夏までは以外と色々なチョウと出会えるのだが、秋になると出会える種類も限られてくる。今回は、ツマグロヒョウモンとヤマトシジミに出会った。

ツマグロヒョウモン
d0176157_01084583.jpg

ヤマトシジミ
d0176157_01084836.jpg

1/12。最近全然足を運ばなくなってしまった高尾近郊の某所に久々に訪れることにした。ここは以前から自分がアサギマダラの幼虫を見つける場所。今回も見つけたのだが、薄暗く、撮影はうまくいかなかった。

アサギマダラ(幼虫)
d0176157_01092227.jpg

3/22。高尾近郊も春めいてきており、春の植物観察に出かけた。帰りがけに歩いていると、目の前を”赤い”蝶が横切った。止まったその蝶を見つけると、越冬したヒオドシチョウだった。
いよいよ越冬した蝶が活動を開始した。次週あたりは、少しはなれた彼の地でギフチョウは飛び出す時期だ。

ヒオドシチョウ
d0176157_01092685.jpg

by emu_nijuuhachi | 2015-04-19 01:33 | Trackback(1) | Comments(0)

2014年夏以降の蝶3(白馬三山縦走)

白馬の山々は高度を上げるとベニヒカゲを良く見かける。
今回は、8/10〜8/13の工程で初めての白馬三山縦走。ベニヒカゲに沢山会えれば、と期待していたのだが、8/10は台風が本州直撃。予定していた栂池の宿には入れたが、翌日は台風一過とはいかず、荒れた天気だけが残った。
山行中には一頭だけベニヒカゲに出会えた。その他は、翌日のハイキングコースで出会ったのみ。麓の町の花にはミヤマカラスアゲハが訪花していた。

ベニヒカゲ
d0176157_00432607.jpg
白馬岳山荘を振り返る。向こうに見えているのが主峰、白馬岳。
d0176157_00433155.jpg
右から左に向けて強風が吹いている。山のピークを越えた風は雲に姿を変えていく。雲が湧いているところが杓子岳の頂上。向こうに見えるこんもりしたピークが白馬鑓ヶ岳。これから、あの山を越えてその向こうから下山する。
d0176157_00433673.jpg
ベニヒカゲ
ハイキングコースで出会ったやつ。
d0176157_00440890.jpg

ミヤマカラスアゲハ
麓の町の別荘地で出会った。
d0176157_00441504.jpg

by emu_nijuuhachi | 2015-04-19 01:04 | Trackback | Comments(0)

2014年夏以降の蝶2(中信州の高原)

7月21日に北アルプスから下山した翌日は、中信州の高原でのんびりした。
この高原では、この夏一番の蝶との出会いの数だった。
ヒメヒカゲ
d0176157_23482770.jpg
カメラに止まったので自撮り
d0176157_23482047.jpg
飛翔にもチャレンジ。
d0176157_23500238.jpg
d0176157_23491335.jpg

メスグロヒョウモン(♀)

d0176157_23505527.jpg

コヒョウモン(?)/ウラギンヒョウモン(?)
d0176157_23515419.jpg

コヒョウモン
d0176157_23520391.jpg

ウラギンヒョウモン
d0176157_23515915.jpg

ヒメウラナミジャノメ
d0176157_23532953.jpg

キアゲハ
d0176157_23532185.jpg
コキマダラセセリ(?)
d0176157_23534983.jpg

エルタテハ
表を撮影できず残念。
d0176157_23595777.jpg
野鳥も撮影。

ホオアカ?
d0176157_23540121.jpg
ホオアカ(若鳥)?
d0176157_23540581.jpg


by emu_nijuuhachi | 2015-04-19 00:41 | Trackback(1) | Comments(0)

武蔵野の稀少な花~ムサシノキスゲ

ゴールデンウィークに突入。
自転車で府中市の浅間山公園に出かけた。隣には多磨霊園、その他は街道や住宅地に囲まれた、街中の自然公園だ。
ここでは、4月末から5月頭にかけて、ある稀少な花が咲くことで知られる。ムサシノキスゲ、ユリ科の黄色い花だ。ニッコウキスゲに近い種類なのだそうだ。かつてはこの周辺でよく見られたそうだが、今では、この浅間山公園のみで自生する花だ。また、この時期、この公園内のいたるところにキンランやササバギンランといった野生のランが花をさかせる。
キンランは数も多く黄色が鮮やかだ。

キンラン
d0176157_20383667.jpg


ユリの仲間のホウチャクソウ。花は薄黄緑色で大きくは開かない。地味な花だ。下の写真はまだつぼみだが、開いてもあまり印象は変わらない。

ホウチャクソウ
d0176157_20384062.jpg


ウツギがもう咲いていた。ウツギは蝶がよく集まる花だ。この日はアゲハが蜜を吸いに来ていた。

アゲハとウツギ
d0176157_20384497.jpg


今日の主役ムサシノキスゲ。華やかで、園芸種にも引けを取らない。

ムサシノキスゲ
d0176157_20384979.jpg


キンランと同じ時期に咲くのが、このササバギンラン。花は大きくは開かない。華やかさではキンランには負けるかもしれないが、奥ゆかしい姿には魅力がある。このササバギンランはここ数年で数が減っている気がする。
ササバギンラン
d0176157_20385535.jpg

by emu_nijuuhachi | 2013-04-27 20:38 | Trackback | Comments(0)

虫判定器

最近、運動不足になるなあと思いつつも、蝶撮にも登山にも出かけられていない。
まあ、それはそれとして。つまりネタがあまりない。たまには、インドアなネタを書こう。とはいえ、蝶をネタにしたブログをやっている自分ではあるので、そういうネタである。

最近タブレットだとかスマホだとか使うようになったのだが、リクルートから出ている「虫判定器」というアプリがなかなかいい。

スマートフォン向けにしてはスマートでないアイコン。あまり期待しないで使ってみた。下の画像は製作会社のホームページのリンクを参照させてもらったものだ。


デジカメで撮影した昆虫の写真や、このアプリで撮影した昆虫の写真を、取り込むと、10分から1時間程度で種類名を検索してくれる。
自分は蝶の写真を中心に撮影しているので、いくつかを判定させたのだが、かなりの確率で正解したのには驚いた。
タカネキマダラセセリ、アサヒヒョウモン、シロオビヒメヒカゲ、コヒョウモン、ツバメシジミ、ヒメキマダラヒカゲ、エルタテハ、スジグロシロチョウなど、正解を連発した。
とにかくアサヒヒョウモンを当てたのには驚いた。ヒメキマダラヒカゲも裏翅だけで正解している。

ただ、意外に簡単なものを不正解したり、以前正解したものをもう一回するとなぜか不正解したケースもあった。翅の模様の特徴がわかっていれば間違えようがないものも、たまに不正解になるのが若干残念だった。修正できるといいのだが、やり方がわからなかった。
とはいえ、公園とかで気になる虫を見つけて名前を知りたければ十分実用に耐えそうだ。
ついでに、判定すると、Wikipediaのその虫のページを表示してくれるので、その虫の詳細を知ることもできる。

今度は幼虫も試してみようか。。。

iOS版もAndroid版もリリースされている。詳しくは以下のURLから。
http://mtl.recruit.co.jp/works/2012/mushihanteiki.html
by emu_nijuuhachi | 2012-10-01 00:57 | Trackback | Comments(5)


10年前に始めた、デジカメ片手にハイキングやお散歩。撮りためた画像を紹介しながら当時を振り返ったり、最近公園や里、山で出会った蝶や花、その他の生き物等について日記風に紹介していきます。


by emu_nijuuhachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

高尾山
上高地
山行
野草
武蔵野
信州
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:47
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:40
ハヤシ撮影できて良かった..
by なつ at 21:54
遅いコメですみません(;..
by なつ at 21:45
>daronさん コメ..
by emu_nijuuhachi at 06:21
ハヤシミドリシジミ初見お..
by daron03x at 19:39
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:53
こんばんは。 1枚目い..
by なつ at 00:36
>なつさん コメントあ..
by emu_nijuuhachi at 23:16
フジミドリ、お疲れさまで..
by なつ at 08:32

最新のトラックバック

二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..
二本の槍が交差し吊り尾根..
from dezire_photo &..

タグ

(16)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

お気に入りブログ

四季彩散歩
四季綴り@コンデジで虫撮り
小畔川日記
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
ヒメオオの寄り道
ぶらり探蝶記
farfalle e u...
高尾周辺の花

外部リンク

人気ジャンル

最新の記事

初見・ハヤシミドリシジミ〜7..
at 2016-07-04 23:32
シーズン終盤・奥高尾のオオミ..
at 2016-07-04 00:36
武蔵野のミドリシジミ〜6月5日
at 2016-06-15 00:35
今年は敗退のフジミドリシジミ..
at 2016-06-13 23:59
ウラゴマダラシジミ・多摩川ポ..
at 2016-06-05 22:19

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
登山

画像一覧